スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第33話 『あ』から始まる言葉

f:id:sprinklersim:20170727145041j:plain

「・・・ひっく・・・ひっく・・・うぇーん・・・」

「・・・よしよし・・・大変だったね。」

「・・・ひっく・・・」

f:id:sprinklersim:20170727145547j:plain

「だけど、どうして・・・もっと早く知らせてくれなかったの?」

「・・・だって・・・ガンサーが・・・!」

f:id:sprinklersim:20170727145452j:plain

「ガンサーが誰にも知らせるな!って聞かないんだもん・・・

誰とも話が出来ないし・・・でもお葬式の用意はしなきゃいけないし・・・」

f:id:sprinklersim:20170727145523j:plain

「本当に大変だったんだからーっ・・・うぇーん・・・」

「・・・ほんとだね・・・よしよし・・・」

f:id:sprinklersim:20170727150121j:plain

「それで・・・今おじいちゃんって・・・」

「・・・書斎に立て篭もって出て来ないの。」

 

ー・・・コンコン・・・ー

 

「・・・おじいちゃん。」

f:id:sprinklersim:20170727150957j:plain

「・・・おじいちゃん?」

f:id:sprinklersim:20170727151023j:plain

「・・・リンダだけど・・・入っていい?」

 

ー・・・シーン・・・ー

 

「・・・入るよ?」

f:id:sprinklersim:20170727151054j:plain

「・・・おじいちゃん・・・」

「・・・すぴー・・・・・・すぴー・・・」

f:id:sprinklersim:20170727151145j:plain

「・・・すぴー・・・すぴー・・・」

f:id:sprinklersim:20170727151245j:plain

「おじいちゃん、眠ってるみたい・・・。」

f:id:sprinklersim:20170727163058j:plain

「ここ二日くらいはずっとあんな感じだから・・・寝かせてあげて。」

f:id:sprinklersim:20170727163220j:plain

高齢化の進んでいたセーブなので、どうしても親しいシムとのお別れの機会が多くなりがちです。

3は前日に『そろそろだから会いに行ったらどう?』といったお知らせがあるので、親しいシムとの最期のお別れの時間を持てるところがいいですね。

f:id:sprinklersim:20170727163230j:plain

「さて。じゃ、何か手伝える事は?一人で準備するのは大変でしょう。」

「ありがとう、リンダ。」

f:id:sprinklersim:20170727163317j:plain

何の縁でしょうか、前々からリンダの家によく訪ねて来ていたガンサー。

リンダもよくゴス邸を訪ねては、この気難しい夫妻と時間を過ごすのが大好きになっていました。

f:id:sprinklersim:20170727163610j:plain

訪ねたり訪ねられたり、道端で世間話をしたり・・・この家のシムとは思い出もたくさんでした。

それだけに、やっぱり・・・悲しいね、おじいちゃん。

f:id:sprinklersim:20170727165213j:plain

「大きなお屋敷だから、準備も大変そうだね。」

「リンダが手伝ってくれて助かる。しかも朝一で来てくれて・・・ほんとにありがとう。」

f:id:sprinklersim:20170727165644j:plain

「ううん。これくらい・・・やらせてよ。」

「リンダ・・・」「さ!支度、支度・・・!」

 

ー・・・ピンポーン・・・-

 

「あら、もうこんな時間・・・お客さんがどんどん来ちゃいそうね。」

f:id:sprinklersim:20170727170009j:plain

「・・・どうしよう、裏の掃き掃除まだ終わってないのにー。」

「よし!じゃ、それわたしに任せて!トリはこっち忙しいでしょ。」

f:id:sprinklersim:20170728020907j:plain

f:id:sprinklersim:20170729170408j:plain

f:id:sprinklersim:20170727170508j:plain

f:id:sprinklersim:20170729165640j:plain

f:id:sprinklersim:20170728020835j:plain

やっぱり・・・悲しいね、リンダ。

f:id:sprinklersim:20170727233039j:plain

「えぇーい!一人にしてくれと言っておるだろう!!」

「ちょっと・・・ガンサー、落ち着いて・・・」

「うるさーい!」

f:id:sprinklersim:20170727233121j:plain

「わしは・・・わしは一人で静かに喪に服したいんじゃーっ!!」

「・・・ね・・・どうしたの?」

f:id:sprinklersim:20170727233132j:plain

ん?気難しいガンサー炸裂です・・・ww

f:id:sprinklersim:20170727234312j:plain

「もうみんな帰ってくれと言ってるじゃろ!!」

「まぁまぁ、落ち着いて・・・まだお悔やみも言ってないじゃないですか・・・。」

「お悔やみなんぞ・・・いらーーーーーーん!!」

f:id:sprinklersim:20170727235735j:plain

「みんな心配して来てくれたのに、そんな言い方ないじゃない・・・ねぇ。」

「なぬ・・・リンダまでおるじゃないか!」

「うん・・・ニュース聞いて飛んで来たの・・・さっき・・・」

「・・・も・・・!」

f:id:sprinklersim:20170728000252j:plain

「もう駄目じゃーっ!今日はもう我慢ならん!」

「おい、ちょっとガンサー・・・落ち着い・・・」

f:id:sprinklersim:20170728000314j:plain

「やかましい!もう駄目なんじゃーっ!来るんじゃよ!葬式の客が!!

コーネリアの葬式じゃからの!そりゃ遠くからも色々来るじゃろうな!」

f:id:sprinklersim:20170728000217j:plain

色々じゃ色々遠くから来るんじゃ!」

「何の話してるんだ・・・?」「・・・さぁ?気が立ってるから・・・」

「親戚に古い友人金持ちじゃ!こんな時だけ親しげにしよる!あぁムカムカするわ!!」

f:id:sprinklersim:20170728000207j:plain

「・・・遠くから・・・?色々・・・来る・・・。」

「当たり前じゃろ!うちを何だと思うておる!ゴス家じゃ!!名家じゃよ!!」

f:id:sprinklersim:20170728000915j:plain

「・・・えっーと・・・わたし、着替えに戻らなくちゃ・・・。」

「よし!わかったらさっさと帰っておくれ。

おい小僧、リンダを送ってやらんか!!気の利かん男じゃの!!」

「・・・えぇ・・・なんで俺?」

f:id:sprinklersim:20170728024554j:plain

「いいか!ちゃんと最後まで送り届けるんじゃ!スケコマスでないぞ!!」

「・・・そんな事・・・する訳ないだろ。」してますけどね・・・。

f:id:sprinklersim:20170728001608j:plain

ほら、リンダって過去に色々ございますでしょう?

名家のご両親とは訳アリの疎遠って感じでございましてねぇ。

f:id:sprinklersim:20170728001619j:plain

その昔は、リンダの家とも親しくしていたガンサーです。

ここの誰も知らない事情も知っている・・・それがガンサーですのでね、

それとなく・・・なく・・・www

リンダにこの屋敷から離れなさいと忠告してくれたのですね。

f:id:sprinklersim:20170728021958j:plain

やっぱり、このシム・・・好々爺!

さて。ガンサーの機転と、ちょっとした巡り会わせで思いがけず、二人の時間を過ごす事になったお二方はと言いますと・・・

f:id:sprinklersim:20170729172302j:plain

「落ち込んでる?」

「ん、うん・・・あなたも災難だったね。」

せっかく巡った季節は秋。山奥でこそっとピクニック、いいですわねぇ。

f:id:sprinklersim:20170728013243j:plain

「・・・今日はいつもより凄かったな、ガンサーの剣幕・・・怖かった?」

「ううん・・・。ふふっ・・・でも・・・」

f:id:sprinklersim:20170728012902j:plain

「・・・あの剣幕見てたら・・・悲しい気分も吹っ飛んじゃったみたい。」

「そうだな。」

f:id:sprinklersim:20170728014053j:plain

 

ー翌朝ー

 

f:id:sprinklersim:20170728044341j:plain

f:id:sprinklersim:20170728044414j:plain

f:id:sprinklersim:20170728044430j:plain

f:id:sprinklersim:20170728044444j:plain

「コーネリアさんのお葬式なのに・・・」

f:id:sprinklersim:20170728044517j:plain

「わたし行けないんです・・・。」

f:id:sprinklersim:20170728044612j:plain

「・・・誰が来てるか、わからないから・・・。」

f:id:sprinklersim:20170728045018j:plain

「・・・どうして・・・こんな事になっちゃったんだろう。」

f:id:sprinklersim:20170728061213j:plain

『お嬢様、学校の時間でございます。』

f:id:sprinklersim:20170728061241j:plain

 『はぁい!今行きまーす!』

f:id:sprinklersim:20170728061255j:plain

f:id:sprinklersim:20170728061327j:plain

『・・・お見合い?』

f:id:sprinklersim:20170728065211j:plain

『彼なら家柄も申し分ないだろう。どうだ?気に入ったか?』

f:id:sprinklersim:20170728061346j:plain

『・・・この人と・・・結婚するってこと・・・?』

f:id:sprinklersim:20170728065136j:plain

『まぁ、リンダが気に入ればだが。一度くらい会ってから決めても遅くなかろう。』

『・・・だけど・・・』

f:id:sprinklersim:20170728061927j:plain

f:id:sprinklersim:20170728061952j:plain

『今晩はお招き頂きまして、どうもありがとうございます。』

『何を仰いますか・・・』

f:id:sprinklersim:20170728072032j:plain

『・・・直に一つの家族となるのですから、気になさらず寛いで下さい。』

f:id:sprinklersim:20170728071434j:plain

『わたし・・・話を進めてなんて言ってない!』

f:id:sprinklersim:20170728071646j:plain

『嫌!あんな漫才師みたいな背広の人なんて絶対イヤです!!』

『しかしリンダよ、先方は乗り気でな。うちとしても婿に来てくれるなら・・・』

『お父様なんか・・・お父様なんか大っ嫌い!!』

f:id:sprinklersim:20170728064142j:plain

『・・・こんなの・・・酷すぎる・・・』

『可哀想に・・・』

f:id:sprinklersim:20170728064211j:plain

『あなたと離れるくらいなら・・・こんな所、出て行った方がマシだもん・・・』

『僕だって・・・こんな事で君と離れるくらいなら・・・』

f:id:sprinklersim:20170728064227j:plain

『・・・離れるくらいなら・・・・・・一緒に行こう。』

『どこに・・・?』

f:id:sprinklersim:20170728072610j:plain

『どこか遠くで・・・二人で暮らそう・・・きっと幸せにするから・・・!』

『・・・うん!』

f:id:sprinklersim:20170728072529j:plain

「・・・若かったんです・・・わたしたち・・・。

・・・若かったけど・・・後悔なんて・・・」

f:id:sprinklersim:20170728072819j:plain

「・・・後悔なんてしてないもん・・・。」

f:id:sprinklersim:20170729152147j:plain

f:id:sprinklersim:20170729125230j:plain

f:id:sprinklersim:20170729152204j:plain

f:id:sprinklersim:20170729154053j:plain

f:id:sprinklersim:20170729153336j:plain

『・・・会いたい』

f:id:sprinklersim:20170729153413j:plain

f:id:sprinklersim:20170729125311j:plain

「リンダ・・・?」

f:id:sprinklersim:20170729125327j:plain

f:id:sprinklersim:20170729153422j:plain

f:id:sprinklersim:20170729125339j:plain

「どうした?」

「・・・ちょっと・・・考え事してて・・・」

f:id:sprinklersim:20170729125535j:plain

「ごめんなさい・・・急に変なメールして・・・」

「いいから・・・」

f:id:sprinklersim:20170729132834j:plain

f:id:sprinklersim:20170729135532j:plain

「帰らなきゃな・・・」

「・・・うん。」

「一人で・・・平気か?」

「・・・うん、もう大丈夫。」

f:id:sprinklersim:20170729142237j:plain

「ただ・・・ちょっと悲しくて・・・」

「・・・そうだな・・・」

f:id:sprinklersim:20170729133851j:plain

「・・・リンダ・・・」

「・・・ん?」

「・・・いや・・・何でもない。」

f:id:sprinklersim:20170729144025j:plain

『・・・いいだろ?』

f:id:sprinklersim:20170729160314j:plain

『・・・疲れてるの。』

f:id:sprinklersim:20170729150850j:plain

・・・愛してる・・・

f:id:sprinklersim:20170729160802j:plain

『あなたって、それしか考えられないの?』

f:id:sprinklersim:20170729150922j:plain

・・・こんなおっさんに言われても・・・困るだけだよな。

f:id:sprinklersim:20170729150933j:plain

・・・何考えてんだろう。

f:id:sprinklersim:20170729160619j:plain

・・・最後に言ったのって・・・いつだったか・・・。