読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

生涯願望『連続ロマンチスト』達成への道のり 後編

 

という訳で・・・

f:id:sprinklersim:20141011222557p:plain

まだまだ続くリンダのシムハント。

残るは4人!

ようやく終わりも見えて来た頃でしょうか・・・?

f:id:sprinklersim:20141011222736p:plain

それとも・・・まだまだかな・・・?

相変わらず自宅・・・には、使い古しのシムばかり寄ってたかって・・・

f:id:sprinklersim:20141011222824p:plain

もう・・・やりにくいったらありません。

いくら、ふしだらプレイをしていると言っても、そこは最低限の節操を持って・・・

f:id:sprinklersim:20141011235932p:plain

出来るだけ恋愛対象のシムを傷付けずに進めるのが、中の人のモットーです。

このミッションが進めば進むほど、外でのアクションが難しくなってくる縛りです。

f:id:sprinklersim:20141011222913p:plain

ともかく、

大方の目処がついた事ですし、外で動きにくくなってきたので・・・

とりあえず帰宅します。

f:id:sprinklersim:20141011222936p:plain

こんなふしだらプレイ中に子供に訪ねて来られると・・・さすがに罪悪感が・・・。

でも・・・そんなことばかり言っていても話が進まないので・・・

f:id:sprinklersim:20141011223037p:plain

どんどん進めましょう・・・

f:id:sprinklersim:20141011223104p:plain

・・・って・・・

あのー、そのシムもすでに用済みのハズなんですが・・・。

f:id:sprinklersim:20141011223124p:plain

って・・・うわぁ・・・。

なんてSSでしょうか!誰がこんな破廉恥なSSを撮ったのでしょうか!

・・・いや、余りにも意味深なポジションだったもんで・・・つい・・・。

 

さて、少しは健全にミッションを進めていきますヨ・・・

f:id:sprinklersim:20141011224942p:plain

って・・・どこが健全やね~ん!

いや、もうね・・・さすがに魅力的なシムってのが残り少なくなっているのですヨ・・・。

しかし、べラ嬢は予想外にガードが固かったので、ひとまず『愛のメール』でじっくり攻めることにして・・・。

f:id:sprinklersim:20141012020059p:plain

その間に、サクサクッと・・・

f:id:sprinklersim:20141011225029p:plain

あぁ、彼には彼女も奥さんも居ないので、簡単に落ちていきますねぇ。

じゃ、もうここは、さらにサクッと簡単に・・・

f:id:sprinklersim:20141011231644p:plain

・・・おっと!

バイトのシフトが終わったんですね、お疲れさまです。

しかし・・・これは危険です。

さすがのリンダでも、浮気を目撃されたシムを攻めるのは一苦労しますからね。

f:id:sprinklersim:20141011231753p:plain

そんなバイト上がりのトンプソンさんが通り過ぎるのを待って、どうにか7人目をクリアしました。

続いて、

f:id:sprinklersim:20141011231907p:plain

このシムにも友情出演の依頼を出していましたので、そろそろ出て来てもらいましょう。

彼女もロマンチックなシムな上に、まだ独身のシムですから・・・

f:id:sprinklersim:20141011231938p:plain

f:id:sprinklersim:20141011232206p:plain

これも楽勝の瞬殺で終わる事ができました。

ご協力に感謝します!

 

さて。

f:id:sprinklersim:20141011232407p:plain

残るは2人となりました。

べラ嬢を落とすに当たって、もはや外でどうにかするのは危険水域に達しています。

f:id:sprinklersim:20141011232428p:plain

ですので、家に連れ込んでどうにかしてやろうと目論むも・・・この有様。

律儀にも、一応は、会話を交わしてから追い返すようにしていますが・・・

f:id:sprinklersim:20141011232818p:plain

今回の『帰ってもらう』アクションって、

こんな感じで・・・ちょっと言い訳つけつつって印象ありますw

f:id:sprinklersim:20141011232943p:plain

あぁ・・・。

この彼に、この対応なのには理由があるんですが、それはまた後ほど。

f:id:sprinklersim:20141011233031p:plain

さぁ、リンダの包囲網がかなり狭まって来たゾ!

遊んでいる方は楽しいけど、本人にしてみればヒヤッヒヤもんなのではないでしょうか。

f:id:sprinklersim:20141011233057p:plain

ベラ嬢の仕事の終わり時間を待つ間、誘惑的な絵を描くリンダ。

どんな作品に仕上がるのか、ちょっと楽しみ。

f:id:sprinklersim:20141011233148p:plain

しかーし!

こうやって家でのんびりしていると、恐怖のお宅訪問システムが・・・

f:id:sprinklersim:20141011233216p:plain

・・・作動し過ぎやねん!

どないすんのよ・・・この状況。

f:id:sprinklersim:20141011233517p:plain

しかも・・・

遠くの方にも・・・見える青いシム影・・・

f:id:sprinklersim:20141011234601p:plain

『たんたんたぬき』のメロディで・・・って言ってる場合かw

こうなりゃ・・・もうヤケです・・・。

f:id:sprinklersim:20141011234713p:plain

もう好きにすればいいじゃんヨ!

f:id:sprinklersim:20141011234901p:plain

何でしょうか、このカオスな状況は・・・。

しかし、ゾーイちゃんのその衣装、グッジョブ過ぎるw

f:id:sprinklersim:20141011234922p:plain

あー・・・卑怯な手段ですが・・・

この時リンダは、長い長い泡のバスタイムで、この修羅場寸前を切り抜けましたヨ。

f:id:sprinklersim:20141011235034p:plain

結局、家に居てもろくなことにならないので・・・

もう外でどうにかしようと、デートに誘い出すも・・・

f:id:sprinklersim:20141011235059p:plain

ベラ嬢、マジでガードが固い!

彼女もロマンチックなシムだったと思うんだけど・・・

f:id:sprinklersim:20141011235120p:plain

ものすごく一筋縄では行きません。

隠れて『永遠に誠実』ムードでも付けてんじゃないのかと思うほど難しいです。

f:id:sprinklersim:20141011235143p:plain

たいてい、リンダの必殺『投げキッス』と『バラの花』攻撃で簡単に落ちるのに、

ベラ嬢は誘惑的なムードになっていても、なお固い!

もしかしたら、相性的なものが存在してるのかもしれないですけどね。

f:id:sprinklersim:20141011235523p:plain

しかし、ようやく・・・もう日がすっかり暮れた頃に・・・

f:id:sprinklersim:20141011235321p:plain

おぉーっ!

これならいけそうなムードになったので・・・

f:id:sprinklersim:20141011235347p:plain

もうこのチャンスを逃してなるものか。

すかさずいただきます!ごっちゃんです!

f:id:sprinklersim:20141011235632p:plain

よっしゃ!

遂に・・・遂に・・・残り1人となりました!

しかも・・・

f:id:sprinklersim:20141011235652p:plain

その最後の1人が目の前に居るんだな!

f:id:sprinklersim:20141011235752p:plain

さぁ・・・

f:id:sprinklersim:20141011235821p:plain

来い!

条件クリアの『シュバッ!』って音!来い!来い!

あの音を、このタイミングで聞くことを、どれだけ夢見たか・・・。

f:id:sprinklersim:20141011235847p:plain

・・・結果的には・・・来ませんでした・・・。

なぜなのか・・・?

まさか、スタート時の2人クリアの謎のシムが彼だったなんてね・・・。

いつの間にカウントされていたのか・・・。

f:id:sprinklersim:20141012000342p:plain

仕方がないので・・・

f:id:sprinklersim:20141012000412p:plain

もう通りすがりのカリエンテさんで手を打っちゃう!

ちなみに、この記念すべき10人目のキス、あっけないほど瞬殺で終わりましたヨ!

f:id:sprinklersim:20141012000821p:plain

これでようやく、最難関ミッションをクリア!

最後の条件は『5回の金クラスデート』と『5人のシムと同時に深い仲』

そして、魅力スキルを極めること、です。

f:id:sprinklersim:20141012014234p:plain

この時点で魅力スキルの条件はクリアしていますし、

5人のシムと深い仲たって、すでに3人クリア。

おまけにデートは大得意です!

f:id:sprinklersim:20141012000912p:plain

ひとまず、何にせよ時間が掛かるデートの条件を消化していきましょう。

f:id:sprinklersim:20141012000930p:plain

もうデートのコツは掴めているので、制限時間の4分の1時間で金クラスには到達できます。

残り時間はフリーウィルでじっくり2人の様子を見ることに専念。

f:id:sprinklersim:20141012000959p:plain

しかし・・・そこは空気の読めないシムに邪魔されてばっかりですけどね。

f:id:sprinklersim:20141012001022p:plain

そこの赤ベストくん、君はそんなんだからモテないのではないでしょうか。

f:id:sprinklersim:20141012001201p:plain

ともかく、楽勝で金クラスデートを達成できたので良しとしましょう。

f:id:sprinklersim:20141012001226p:plain

家に戻ると、あの赤ベストくんにもらった『元気』なムードのおかげで、

『高プロティン食』なるレシピが出現していました。

このアスパラらしき食材が妙に細かくて感動して撮ったSSからの・・・

f:id:sprinklersim:20141012002905p:plain

スーパー華々しいウフフ・・・!

f:id:sprinklersim:20141012052342p:plain

例の頂き物の彼が物凄いんですよねぇ。

いつも!!!ハートはサイクロンし、弾けて打上がって、羽根は飛び・・・。

f:id:sprinklersim:20141012001320p:plain

そりゃリンダもすっかり寝不足で、眠気回復薬のお世話になる訳ですか・・・。

f:id:sprinklersim:20141012001507p:plain

もう・・・。

最近・・・下品で本当に申し訳ありません・・・。

f:id:sprinklersim:20141012001804p:plain

ともかく・・・

そんなエキサイティングな一夜からの連続デートで金クラスデート2回目クリアです。

f:id:sprinklersim:20141012001821p:plain

さすがのエキサイティングくんもヘトヘトみたいだったので、早々に切り上げ・・・

f:id:sprinklersim:20141012001908p:plain

ラストに向けてスパートをかけます。

しっかし、この彼、さすがロマンチックなシムなだけあって・・・

f:id:sprinklersim:20141012001928p:plain

一連のロマンチックアクションが、まぁ手慣れたこと!

とっても印象深い素敵な金クラスデートになりました。

f:id:sprinklersim:20141012002005p:plain

これで3回クリア。

もうこれは楽勝で終わりが見えてきました。

f:id:sprinklersim:20141012002201p:plain

ただの思いつきで始めたわりには長かった・・・。

けど、こうやって色んなとシムといちゃいちゃしてみると、恋愛の進め方にもそれぞれ個性みたいなのがあるんだなーって何となく。

f:id:sprinklersim:20141012002219p:plain

残り2回の相手は決まっているのですが、そう言えばルイスってどんな感じだったんだろうと思って試しにデートしてみたけど、

f:id:sprinklersim:20141012002304p:plain

終始フレンドリーな雰囲気のまま、何とか銅クラスデートとなりました。

まぁ、ほとんど放置してて勝手に銅クラスなので、結構すごいと思います。

f:id:sprinklersim:20141012002456p:plain

家に戻るとご立腹のエマちゃんが訪ねて来ていました。

もうすぐ終わるから、もうちょっとだけ魚料理で辛抱して下さい!

f:id:sprinklersim:20141012002633p:plain

そういや、ルイスとの銅クラスデートの副賞がこちら。

いや、リンダには今更必要なさすぎるんだけど・・・。

f:id:sprinklersim:20141012002821p:plain

そんな『バカでもわかる駆け引き』を、何とかなだめてご機嫌になったエマちゃんが・・・

f:id:sprinklersim:20141012002757p:plain

落ち着いた後に読んでて、ちょっと面白かっただけの1枚。

f:id:sprinklersim:20141012003017p:plain

さて、話に戻って。

f:id:sprinklersim:20141012002950p:plain

もう私にはこの場所と言えば・・・

f:id:sprinklersim:20141012003047p:plain

あのシムしか居ないんだけど・・・

それにしても、これは一体何の話をしているんでしょうかねw

しかもこのホットドック、ゾーイちゃんですw

所々、美味しいところを持っていきますねぇ、ホットドックだけにw

f:id:sprinklersim:20141012003128p:plain

もうっ!そんな事言ってる場合じゃないんです!

あぁ~・・・もうこの二人の安定具合ったら。

f:id:sprinklersim:20141012003155p:plain

あの頃のまんまだぁ。

『一緒に座る』ことさえ指示すれば、後は、もうずっと二人のパラダイスです。

f:id:sprinklersim:20141012010233p:plain

相変わらず、情熱的な愛情表現で・・・

f:id:sprinklersim:20141012003248p:plain

何だか・・・

トンプソンさんのトンプソンさんたる由縁を思い出しました。

やっぱりこの二人は相性がいいんだろうなぁ。

f:id:sprinklersim:20141012003334p:plain

そんな夢見心地の金クラスデートのおかげで・・・

f:id:sprinklersim:20141012003436p:plain

残すところ、ラスト1回。

f:id:sprinklersim:20141012003749p:plain

もう帰るのが面倒だったので、第二の自宅に戻ったら・・・

f:id:sprinklersim:20141012003902p:plain

ビミョーにドラマが始まって目が離せない展開に。

あ、そうそう、あんたの奥さん、すっごい羽根まみれに・・・

f:id:sprinklersim:20141012004041p:plain

って・・・これは・・・マズい!非常にマズい!!

ただでさえ誘惑的なムードのリンダなのに、君はどうしてそこに座りたいのか。

f:id:sprinklersim:20141012004227p:plain

そう、羽根だよ羽根。

しっかし、このチェイスくんもかなりロマンチックなシムなのでね、いつ予想外の浮気行動に出るやら・・・とか言いつつ、面白いのでフリーウィルで放置してみるw

f:id:sprinklersim:20141012004257p:plain

ここで危険を察したリンダが一抜け。

お腹が空いていたそうですが、果たしてホントにそれだけかなぁw

f:id:sprinklersim:20141012004346p:plain

どうしてわざわざ危険地帯へ戻るのでしょうか。

f:id:sprinklersim:20141012004404p:plain

で、やっぱりこれは危険過ぎる状況なのでピアノへ避難させました。

次の段取りがあるからね。

f:id:sprinklersim:20141012004432p:plain

で、この二人。

同じテーブルに着いていながら、一言も会話を交わさないという・・・。

もしかしたら、ルークに試されていたのかもしれない・・・

f:id:sprinklersim:20141012004503p:plain

彼を傷付けてでも俺を選んでみろや!的な・・・?

なんて気になるくらい、緊張した空気だったんですヨ!

f:id:sprinklersim:20141012004558p:plain

また、シムってやっちゃいけない時にやっちゃいけないことをする習性があるのでねぇ、本当にハラハラドキドキしました。

f:id:sprinklersim:20141012004724p:plain

f:id:sprinklersim:20141012004754p:plain

意味深なSSですが、今回、公共区画ではウフフができないみたい。

ちぇっ!ちぇっ!

 

そんな妙にドラマチックな一夜が明けて・・・

f:id:sprinklersim:20141012004818p:plain

とうとうリンダも指一本奏法から卒業。

どんだけここに入り浸ってたんだっていうw

f:id:sprinklersim:20141012004837p:plain

勝手知ったる我が物顔で空腹を満たしたら・・・

f:id:sprinklersim:20141012004907p:plain

 いよいよ最後のデートいっちゃいましょう。

f:id:sprinklersim:20141012004933p:plain

f:id:sprinklersim:20141012005002p:plain

f:id:sprinklersim:20141012005022p:plain

f:id:sprinklersim:20141012005043p:plain

ほんとに、思いつきのわりには長ったです・・・。

f:id:sprinklersim:20141012005210p:plain

でも、シムズ4初めての生涯願望達成の瞬間!

もうマジで今は邪魔しないで!

f:id:sprinklersim:20141012005236p:plain

はいキターっ!

とってもいいタイミングでの達成に大満足だ!

f:id:sprinklersim:20141012005601p:plain

いやぁ、そこそこ長い道のりでした。

3の『恋愛よりどりみどり』よりは手間が掛かるけど、あっちはあっちで大変だったしねぇ。

どっちが大変って言われると、10人と関係を結んで別れないといけないあっちの方が気分的には大変かもしれないけど・・・。

f:id:sprinklersim:20141012005723p:plain

まぁ、ともかく、お祝いしよう!

f:id:sprinklersim:20141012010401p:plain

え?リンダの生涯願望達成のお祝いパーティですよ!

f:id:sprinklersim:20141012010737p:plain

ほら・・・

f:id:sprinklersim:20141012010953p:plain

f:id:sprinklersim:20141012010718p:plain

みんながお祝いに来てくれてるじゃないですか。

f:id:sprinklersim:20141012011110p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011247p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011330p:plain

え・・・?

f:id:sprinklersim:20141012011420p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011532p:plain

何かご不満でも・・・?

f:id:sprinklersim:20141012011644p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011747p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011811p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011835p:plain

f:id:sprinklersim:20141012011941p:plain

それは達成の・・・

f:id:sprinklersim:20141012012214p:plain

ご褒美でしょう・・・?

f:id:sprinklersim:20141012014614p:plain

 『遊び人』

f:id:sprinklersim:20141012012450p:plain

すなわち・・・

f:id:sprinklersim:20141012012604p:plain

もう金輪際・・・

f:id:sprinklersim:20141012012656p:plain

誰からも・・・

f:id:sprinklersim:20141012012851p:plain

嫉妬されないのです・・・。

f:id:sprinklersim:20141012012911p:plain

f:id:sprinklersim:20141012014024p:plain

「・・・ん・・・」

f:id:sprinklersim:20141012014038p:plain

「・・・あれ・・・?」

『もう、お父さんマジで最低!』

『え?俺じゃないよ!さては・・・』

f:id:sprinklersim:20141012013118p:plain

『ルーカスの仕業だろw』

『え?違うよ!ぼくオナラなんかしてない!』

『よく食うから仕方ないよなw』

f:id:sprinklersim:20141012013137p:plain

『いや、絶対お父さんに決まってるもん!』

 『違うってばwww』

f:id:sprinklersim:20141012013158p:plain

「もうホントに最低!」

「しかも、ぼくのせいにして!」

f:id:sprinklersim:20141012013217p:plain

「あ、お母さんが起きて来た!」

「よく眠ってたな、どうした?疲れてるのか?」

「・・・ううん。」

f:id:sprinklersim:20141012013239p:plain

「お母さん、ぼくお腹空いた!」

「またかよ?じゃ魚のソテーでも作ってやろうか?」

「もうホントに魚はイヤ!」

f:id:sprinklersim:20141012050227p:plain

「エマ、リンダも疲れてるんだ、たまにはお前が作ったらどうだ?」

「だって、わたしサラダかグリルドチーズしか作れないよ?」

f:id:sprinklersim:20141012050424p:plain

「じゃ、ぼくグリルドチーズでいい!」

「・・・リンダ。」

f:id:sprinklersim:20141012013259p:plain

「・・・ん?」

「お帰り。」

「・・・ただいま。」