読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第17話 距離

f:id:sprinklersim:20170416213052j:plain

 

ー木曜日ー

 

f:id:sprinklersim:20170417001320j:plain

ひょんなきっかけでリンダの家のアップグレードを請け負う事になったジョン。

複雑な心境で断り続けていたリンダも、遂に頷いてから初めての木曜日。

f:id:sprinklersim:20170417001754j:plain

リンダは、どんな心境でジョンを迎え入れるのか・・・

ジョンは、どんな気持ちでここを訪ねるのか・・・色々ありますが・・・

・・・遂に呼び鈴が鳴りました。

f:id:sprinklersim:20170416213153j:plain

 
・・・ピンポーン・・・
 

f:id:sprinklersim:20170417001254j:plain

「おはようございます。」 

f:id:sprinklersim:20170416213311j:plain

「あの・・・わたし考えたんですけど・・・」
「やっぱりダメです・・・って?もうその話なら・・・」

f:id:sprinklersim:20170416214612j:plain

「いえ・・・せっかくだからお願いしようかと・・・」
「ほんとですか?」
「・・・たいしたお礼もできないけど・・・

f:id:sprinklersim:20170416213239j:plain

・・・でもジョンさんは大丈夫なんですか?せっかくのお休みなのに・・・。」
「そんなことは構いません、楽しみができてちょうどいいくらいで。」

f:id:sprinklersim:20170416213920j:plain

「じゃ・・・ほんとに・・・お願いしてもいいんですか?」
「もちろん!もちろんです。」

f:id:sprinklersim:20170416215304j:plain

 
・・・コンコン・・・
 

f:id:sprinklersim:20170416215313j:plain

f:id:sprinklersim:20170416231126j:plain

 
・・・コンコンコン・・・
 

f:id:sprinklersim:20170416221224j:plain

f:id:sprinklersim:20170416221249j:plain

f:id:sprinklersim:20170416221305j:plain

f:id:sprinklersim:20170416223739j:plain

「ジョンさん・・・お昼にしませんか?」
「あれ?もうそんな時間ですか?」

f:id:sprinklersim:20170416225803j:plain

 
こうして・・・
 

f:id:sprinklersim:20170416225820j:plain

f:id:sprinklersim:20170416225828j:plain

f:id:sprinklersim:20170416230553j:plain

f:id:sprinklersim:20170416230229j:plain

f:id:sprinklersim:20170416230239j:plain

 
思いのほか・・・
 

f:id:sprinklersim:20170417003236j:plain

f:id:sprinklersim:20170417003600j:plain

f:id:sprinklersim:20170417003259j:plain

f:id:sprinklersim:20170417004824j:plain

f:id:sprinklersim:20170417004840j:plain

f:id:sprinklersim:20170417004849j:plain

f:id:sprinklersim:20170417004911j:plain

「うまくできてるといいんだけど。」
「いつもうまいですよ。」

f:id:sprinklersim:20170417005657j:plain

「・・・ほんとですか?」
「ほんとに。」 

f:id:sprinklersim:20170417005722j:plain

「ジョンさん・・・そんな事しなくていいです!」
「何言ってんですか。ごちそうさまでした。」

f:id:sprinklersim:20170417010546j:plain

 
それは楽しい時間だったから・・・
 

f:id:sprinklersim:20170417010558j:plain

f:id:sprinklersim:20170417013820j:plain

 
・・・楽しい時間だったから・・・

 

f:id:sprinklersim:20170417025512j:plain

 

意識してないなんて言ったら・・・ 

 

f:id:sprinklersim:20170417025454j:plain

 
・・・それは・・・
 

f:id:sprinklersim:20170417025607j:plain

 
 ・・・やっぱり嘘になるけど・・・。 
 

f:id:sprinklersim:20170417020914j:plain

f:id:sprinklersim:20170417020933j:plain

「パソコンよく使うでしょう?耐久性つけときますね。」
「お願いします。」

f:id:sprinklersim:20170417022451j:plain

「今日はキーライムパイもつけちゃいますね。」
「それは楽しみだな。リンダさんのキーライムパイは絶品だから。」
「ふふふっ。ほんとに?」

f:id:sprinklersim:20170417023139j:plain

「・・・ほんとに。」
「じゃ失敗しないようにしなきゃ。」

f:id:sprinklersim:20170417023749j:plain

好きな食べ物はキーライムパイ。
好きな色は水色で、

f:id:sprinklersim:20170417014629j:plain

「ちょっとだけ音楽つけたら邪魔ですか?」

「全然!全然邪魔じゃないです。」

f:id:sprinklersim:20170417013846j:plain

好きな音楽はインディー。

f:id:sprinklersim:20170417013921j:plain

器用さがマスターだけじゃなくて便利屋で、

f:id:sprinklersim:20170417013932j:plain

そしてちょっと高慢ちき。

f:id:sprinklersim:20170418112018j:plain

f:id:sprinklersim:20170418112039j:plain

f:id:sprinklersim:20170418112053j:plain

f:id:sprinklersim:20170417030228j:plain

f:id:sprinklersim:20170418112109j:plain

f:id:sprinklersim:20170417030250j:plain

 そんな風にして縮まっていった2人の距離。