スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第30話 交差点

さて・・・

f:id:sprinklersim:20170703133211j:plain

予想外の避暑休暇から戻って来ました、いつものサンセット・バレーです。

f:id:sprinklersim:20170704015815j:plain

リンダも、いつもの日常に戻りました。

f:id:sprinklersim:20170704012039j:plain

 

・・・プルルルル・・・プルルルル・・・

 

f:id:sprinklersim:20170703133937j:plain

「あら!編集者さん!いつもお世話になっています。」

『いやー、先生ったら!聞きましたよ!』

「何のお話ですか?」

『んもーっ!すっとぼけちゃって!取材ですよ、取材!』

f:id:sprinklersim:20170703134029j:plain

「・・・え?・・・取材・・・はて?何の事だかさっぱり・・・」

『えぇ?でも『次回作はサッカー少年のお話だから ♪ 』って聞いてるんですけどねぇ。

まさか心当たりがないとは言わせませんよぉ?ふふふ。』

f:id:sprinklersim:20170704014339j:plain

『あら!』

『おや!』

f:id:sprinklersim:20170704014352j:plain

『コナーさんにカーター先生!』

『今日は・・・お二人で・・・?』

f:id:sprinklersim:20170704014414j:plain

『いえいえ!取材なんですよ、取材!取材なんてねぇ、参ったなぁ!』

『そうそう!取材!次回作の主人公がサッカー少年って設定なので・・・』

f:id:sprinklersim:20170704014442j:plain

『ほーぅ・・・』

『・・・なるほどぉ・・・』

f:id:sprinklersim:20170704014454j:plain

『まぁ、サッカーの事ならコナーさんに聞くのが一番だべ。』

『んだ、んだ!』

f:id:sprinklersim:20170704014506j:plain

・・・実は・・・心当たりがあり過ぎなんですよねぇ、この二人・・・www

f:id:sprinklersim:20170703134053j:plain

「・・・うーん・・・。」

『じゃ、ま!じっくり取材して、次回作よろしく頼みますよ!』

「・・・ちょ、ちょっと待ってください!勝手に話をすすめな・・・」

f:id:sprinklersim:20170703134110j:plain

『いいからいいから!

皆さん期待してるんですよ。是非!いつも通り、いいものをお願いしますね!』

「・・・ちょ・・・」

 

・・・ガチャッ・・・ツー・・・ツー・・・ツー・・・

 

f:id:sprinklersim:20170703150328j:plain

「へぇ、ほんとに書く事になったのか。それは大変だな。」

「うん・・・変なこと言わなきゃよかった・・・」

「まぁ・・・でも、ほんとに書くなら、しっかり取材してもらわなきゃな。」

f:id:sprinklersim:20170704024249j:plain

さて、そんな二人です。

星空の下マジックでしょうか???すっかり元通りになってしまいましたが、

この関係を続けるにあたって、幾つか話し合った事もあるようです。

f:id:sprinklersim:20170703144937j:plain

その壱・・・『謝らない事』お互いの精神衛生の為に・・・

その弐・・・『開き直る事』どうせなら楽しまなきゃ損!

その為には・・・!

その参・・・『絶対にバレない事』

f:id:sprinklersim:20170703145928j:plain

そんな訳もあって、積極的に取材とやら・・・を楽しんでいたのでありますね。

f:id:sprinklersim:20170703024104j:plain

それに・・・

f:id:sprinklersim:20170703024133j:plain

お互い変に気を使って、こんな話も出来なかった前の関係よりは、少し前に進んだのかもしれません。

f:id:sprinklersim:20170703000543j:plain

「そうなるとゴルフにも行きやすくなるし、いいんじゃないか?」

「いいねぇ、いいねぇ!」

f:id:sprinklersim:20170702225931j:plain

これまでジョンとリンダのお話ばかりでしたが、そろそろ動かないとね。

こちらはもうご存知?チェスターくんのおうちです。

f:id:sprinklersim:20170703002938j:plain

「ここを二階に立て替えれば、あと二人くらい余裕だろう、うん。」

「ふはは!そりゃ幾ら何でも気が早いよ!」

f:id:sprinklersim:20170703003613j:plain

「あ!お帰り!チェスくん!待ってたんだよ。」

f:id:sprinklersim:20170703003004j:plain

「あ!おじさん、こんにちは!建て替えって何の話?」

f:id:sprinklersim:20170703005627j:plain

「あぁ?うん、まぁ、いいからちょっと座りなさいって。」

f:id:sprinklersim:20170704021711j:plain

f:id:sprinklersim:20170703011249j:plain

「ほぉ!警察官か。チェスくんならきっといい警官になるだろうな。」

「へへへ。」

「そこでだね、ちょっと話があるんだが・・・」

f:id:sprinklersim:20170703024335j:plain

「なぁ・・・俺が修理すれば一瞬で終わるんだぞ?」

「うーん、そうだけど・・・」

f:id:sprinklersim:20170703024321j:plain

「ちょっとだけ・・・うーん・・・こうかなぁ?」

「・・・見てらんないよ。」

f:id:sprinklersim:20170703011021j:plain

「・・・婚約・・・?」

「・・・まぁ、驚くの無理はない。」

f:id:sprinklersim:20170703011719j:plain

「もちろん、チェスくんの意思を尊重するし、今すぐにって話ではないんだよ?」

「・・・。」

「ただ、ミルドレッドは乗り気でね。」

f:id:sprinklersim:20170703010347j:plain

「まぁ、ちょっと考えてみてくれ。」

「・・・うん。」

おやおや、チェスくんの将来について、真面目な話をしてるってのに・・・

f:id:sprinklersim:20170704050656j:plain

初心者修理、無事失敗するの巻・・・www

f:id:sprinklersim:20170704050854j:plain

f:id:sprinklersim:20170704023921j:plain

f:id:sprinklersim:20170703212750j:plain

f:id:sprinklersim:20170704023944j:plain

f:id:sprinklersim:20170704151355j:plain

f:id:sprinklersim:20170704023957j:plain

f:id:sprinklersim:20170703212848j:plain

もうね・・・色々と言わせたいセリフはあるのですが・・・

さすがに・・・恥かしすぎるので自粛します・・・ww

f:id:sprinklersim:20170704024036j:plain

f:id:sprinklersim:20170703145010j:plain

f:id:sprinklersim:20170704030756j:plain

f:id:sprinklersim:20170704031037j:plain

「最近どうしたんだよ?思いつめた顔しちゃって。

もしかして、それが今日の話ってやつと関係あんのか?」

f:id:sprinklersim:20170704031738j:plain

「・・・うん、まぁね。」

「で、話ってなに?」

f:id:sprinklersim:20170704031536j:plain

「・・・え?」

「だから、僕たち婚約したんだ。」

f:id:sprinklersim:20170704031720j:plain

「・・・・・・え?」

「だから婚約したんだよ、ミルドレッドと。」

「・・・え?だって・・・婚約って・・・」

f:id:sprinklersim:20170704032419j:plain

「別に、そんなにおかしくないでしょ?付き合ってるんだし。」

「・・・付き合ってるたって・・・」

f:id:sprinklersim:20170704031958j:plain

「お前、わかってる?婚約って結婚するってことだよ?」

「うん、そうだよ。」

「・・・リンダのこと・・・どうすんだ?」

f:id:sprinklersim:20170704032348j:plain

「おねえさんが、なに?」

「・・・知らないからな。」

 

ー翌日の放課後ー

 

f:id:sprinklersim:20170704061841j:plain

「チェスー。悪いけど今日さ、俺、居残りなんだよなー。」

「あ、そうなの。じゃまた明日ね。」

f:id:sprinklersim:20170704061938j:plain

「居残り頑張って!ロバート。」

「おう。」

f:id:sprinklersim:20170704044227j:plain

f:id:sprinklersim:20170704044254j:plain

f:id:sprinklersim:20170704044310j:plain

f:id:sprinklersim:20170704044345j:plain

f:id:sprinklersim:20170704044400j:plain

f:id:sprinklersim:20170704045200j:plain

 

・・・ピンポーン・・・

 

f:id:sprinklersim:20170704044543j:plain

f:id:sprinklersim:20170704044524j:plain

「・・・え?」

「・・・お客さんだ・・・」

f:id:sprinklersim:20170704044632j:plain

コソコソ「どうしよう・・・居留守使うべきか?」

「・・・カーテンはあるけど・・・人影は見えてるはず・・・」コソコソ

f:id:sprinklersim:20170704045218j:plain

「・・・うーん・・・」

「・・・ヤバイな・・・」

「・・・ヤバイね・・・」

f:id:sprinklersim:20170704044618j:plain

「スゥスゥ!そこの知らないシム!

ちょっと待ってくださーい!今どうしても手が離せなくってーっ!」

f:id:sprinklersim:20170704044650j:plain

ジョンの逃げ足・・・www

f:id:sprinklersim:20170704044705j:plain

コソコソ「ねぇ!上着忘れてるってば!」

「・・・すまんすまん・・・逃げるのに必死だった。」コソコソ

f:id:sprinklersim:20170704034148j:plain

コソコソ「もう・・・おっちょこちょいなんだから!」

「ん?」コソコソ

f:id:sprinklersim:20170704034208j:plain

・・・ねぇ、そんな事してる暇があるなら早く逃げなさいよ・・・

まったく・・・とんだバカップルに成り下がったのね、アンタたち・・・。

そんなシムに育てた覚えはありませんよ!(すっとぼけー)

f:id:sprinklersim:20170704044755j:plain

まぁ、でも・・・

f:id:sprinklersim:20170704034513j:plain

コソコソ「ねぇ、気をつけてね!」

「おう!」コソコソ

f:id:sprinklersim:20170704044811j:plain

三つの約束通りに・・・

f:id:sprinklersim:20170704034522j:plain

スリルを楽しんでいるようで、まず第一の山は乗り越えたようですね。

 

 

 

おまけ

f:id:sprinklersim:20170703024408j:plain

お嬢様だって暴露したばかりなのに・・・

今回は体を張って笑いを取りに来てくれたリンダに拍手を送りたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする