スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第27話 避暑地にて・・・

そういう訳で・・・

f:id:sprinklersim:20170612031852j:plain

夏です!

f:id:sprinklersim:20170612032948j:plain

f:id:sprinklersim:20170612032000j:plain

f:id:sprinklersim:20170612031936j:plain

何だか知らないけど、ジョンとリンダが別れてしまったので・・・無理やり辻褄を合わせるべく・・・

サンセットバレーから程よく近く遠い湖の街で、バカンスを楽しむご一行!となりました。

f:id:sprinklersim:20170612033735j:plain

子供たちはさっそく水遊び!

楽しそうで、まずはよかったよかった!

f:id:sprinklersim:20170613015340j:plain

奥様方は、スパでのんびり日頃の疲れを癒し中。

f:id:sprinklersim:20170612034440j:plain

男性陣は、ホットタブでゆったりとくつろぎの時を。

せっかくの旅行なのに地味な楽しみ方ですが・・・ww

とりあえずは初日ですし、まぁこんなもんでしょう。

f:id:sprinklersim:20170612034459j:plain

と・・・肝心の主人公たちは・・・と言いますと・・・。

ジョンはやはり時折、浮かない表情・・・まぁそうでしょう。

不倫なんぞしてたのに別れちゃって、しかも別れてすぐに旅行先でバッタリ!ですもの・・・。

f:id:sprinklersim:20170612044935j:plain

予想外のハプニングに戸惑っているのは、リンダも同じでしょう。

この日は、仮病を使ってとりあえず皆と行動するのを回避しちゃったリンダ・・・

窓辺でアンニュイな表情を浮かべていますが・・・。

f:id:sprinklersim:20170612044947j:plain

「・・・お腹空いた・・・。」

・・・そっちかーいwwww

f:id:sprinklersim:20170612052549j:plain

「体調の方はいかがですか?皆さんも大変心配しておられました。」

「少し眠れたので・・・楽になりました。・・・みなさんは・・・?」

f:id:sprinklersim:20170612052745j:plain

「街の方へ出掛けられましたよ。よろしければ後でお送りします。」

「・・・えぇ・・・それは・・・また後で考えます。」

「ところで、お腹などは空いていませんか?」

「・・・実はペコペコで・・・」

f:id:sprinklersim:20170612053159j:plain

f:id:sprinklersim:20170612053227j:plain

「庭で取れた果実で作ったエンゼルケーキです。」

「まぁ!随分久しぶりに食べる気がする。」

「他にも何か御用があればお申し付けください。」

f:id:sprinklersim:20170612053433j:plain

『わぁー!なんて不思議な果物かしら。まるで光っているみたいね!』

『それは、炎の果実という植物です。お嬢様。』

f:id:sprinklersim:20170612054351j:plain

『炎の果実・・・?これって食べられるの?』

『もちろん!これを使ってエンゼルケーキを作るんですよ。』

f:id:sprinklersim:20170612053453j:plain

f:id:sprinklersim:20170612054616j:plain

『リンダ、もう少し姿勢良く食べなさい。人前でみっともないですよ。』

『ねぇお母様、このケーキを食べると何だか体がポカポカするみたい!』

『ははは。エンゼルケーキを初めて食べたみたいだね。しばらく体が温かくなるよ。』

f:id:sprinklersim:20170612054711j:plain

f:id:sprinklersim:20170612053420j:plain

「・・・?」

f:id:sprinklersim:20170612055611j:plain

「リンダさん大丈夫かなぁ?」

「なーにチェスったら、気になるの?」

f:id:sprinklersim:20170612055708j:plain

「だって・・・せっかく来たのに体調が悪いなんて気の毒だもん。」

「そうねぇ。後で電話してみるわ。来られそうなら、執事さんにお願いしてみるわね。」

f:id:sprinklersim:20170612055912j:plain

「・・・まさかね。」

f:id:sprinklersim:20170619042429j:plain

「ゴスさんの別荘になんか来た事がある訳ないじゃない・・・」

f:id:sprinklersim:20170619043152j:plain

「・・・きっと・・・うちの別荘と勘違い・・・」

f:id:sprinklersim:20170612055937j:plain

f:id:sprinklersim:20170612060215j:plain

「・・・この噴水・・・」

f:id:sprinklersim:20170612060420j:plain

『あはははー!早く捕まえてよー!』

『・・・逃げ足の速いお嬢さんだな!』

『ふふふふ・・・』

f:id:sprinklersim:20170530073950j:plain

『はい!今度は、おじ様の番ね!』

『いやー・・・参った参った・・・少し休憩しよう・・・』

f:id:sprinklersim:20170530074223j:plain

f:id:sprinklersim:20170530074237j:plain

「・・・・・・えっ・・・・・・」

f:id:sprinklersim:20170612065219j:plain

「・・・あの帽子・・・!?」

f:id:sprinklersim:20170612062723j:plain

「・・・思い出したかの?」

「・・・まさか・・・!?」

f:id:sprinklersim:20170612063418j:plain

「元々、ここはカーター家の別荘じゃったからの。」

「・・・。」

「そうじゃよ。お前さんの素性なんぞとっくの昔にわかっとったわい。」

f:id:sprinklersim:20170612063406j:plain

「・・・わたし・・・行かなきゃ・・・。」

「心配せんでいい。父上とは昔々に大喧嘩して以来、連絡も取っておらん。」

f:id:sprinklersim:20170612065318j:plain

「尤も・・・わしが連絡するまでもなく、居所くらいわかっているだろうがな。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20170612063740j:plain

「・・・何と言えばいいのか・・・。」

「お嬢様のご帰還じゃ。ふぉふぉふぉ。」

 

うふふ・・・

出来るだけさりげなく、服装や言葉遣いなど、ヒントは散りばめていたつもりですが・・・

それにしても唐突なお嬢様設定・・・www

いや、長い物語ですし、ゲーム内で起こった出来事を元に話を組み立てていますから、多少無理やりなところはどうしても出て来ちゃいます。

まぁでも、リンダの隠しておきたい過去の一つは、実はこれだったのですねー。

無理やり!無理やりなのはわかってるけどー・・・リンダって何となくそんなイメージだったんだもん!(開き直り!)

 

f:id:sprinklersim:20170612105424j:plain

f:id:sprinklersim:20170612115422j:plain

「あのね、リンダに電話してみたんだけど、ガンサーと出掛けたって言ってた。」

「ふーん、どこに?」「さぁ・・・?」

f:id:sprinklersim:20170612115535j:plain

「でも、出掛ける元気は出たって事だね。よかった。」

「チェスは本当に優しい子ね。」「へへへ。」

f:id:sprinklersim:20170612105513j:plain

そんなお二人がやって来た気になる行き先ですが・・・

f:id:sprinklersim:20170612105538j:plain

ジャジャジャーン!

いや、やっぱゴス家って名家でしょう?

リンダも名家出身という設定がようやく暴露された今・・・

やっぱり名家のお嬢様みたいな事やってもらいたいんだもーん!

てことで・・・

f:id:sprinklersim:20170612105548j:plain

「綺麗な馬・・・」

「そいつは大人しくて乗りやすい馬じゃよ。」

「馬・・・随分乗ってないし・・・今日は服もこんなだしね・・・。」

f:id:sprinklersim:20170612105724j:plain

「なんと!偶然にも!服は用意してあるんじゃ。乗ってみたらどうじゃね。」

どんな偶然ー!!wwまぁ細かい事は気にしない気にしない!

一方その頃・・・

f:id:sprinklersim:20170612115726j:plain

一応、避暑地の夏休みですからね。

地味でも・・・レジャーっぽい事は楽しんでもらわなきゃ。

f:id:sprinklersim:20170612120220j:plain

しかし・・・このボートのエンジンが凄まじいというか・・・

f:id:sprinklersim:20170619024354j:plain

まさに『爆走』といった感じで、SSが撮り難いったら!

今度はスワンボートでプカプカしたい気分です。

そんな事より、気になるお嬢様リンダの乗馬に話を戻します・・・www

f:id:sprinklersim:20170612105745j:plain

「よろしくね!ベラさん。」

この白馬はランダムで出た名前がまさかの『ベラ・ゴールデン』

いかにもゴス家っぽくて即採用!

f:id:sprinklersim:20170612105758j:plain

やっぱゴス家ですわー。

セレブですわー。乗馬似合いすぎですわー。

f:id:sprinklersim:20170612105837j:plain

リンダも負けていませんわー。

ペット拡張はわりと重くなる(特に馬!)のと、犬猫でもシムが世話に掛かりっきりでなかなかアレなんですけど、やっぱあるとないとじゃ、あってくれて本当にありがとー!!って感じです。

f:id:sprinklersim:20170612115825j:plain

お子様たちは清清しい湖にてシュノーケリング

f:id:sprinklersim:20170612115858j:plain

と、ふとした瞬間のジョンの切ない表情頂きました。

f:id:sprinklersim:20170612105847j:plain

ますます絶好調のゴス氏。

かっこいい!

f:id:sprinklersim:20170612105900j:plain

さて、いつまでも『乗馬いい!』ばかり言ってても仕方ないので・・・www

一通り馬に乗って気が済んだゴス氏。

f:id:sprinklersim:20170612105915j:plain

「どれ、ちょっと皆を驚かしに行こうか?」

おやおや、やっぱりお茶目なイタズラ爺の血が騒いでしまったようです。

f:id:sprinklersim:20170612110016j:plain

f:id:sprinklersim:20170612120338j:plain

f:id:sprinklersim:20170612121437j:plain

f:id:sprinklersim:20170612121457j:plain

f:id:sprinklersim:20170612120047j:plain

まぁ、なんだかんだ、のんびりとした休日っぽくなって一安心しました。

言うても出来る事は多いのに、わりと地味なアクションが多かったので、どうなるやらと頭を悩ませたんです・・・。

飛び込みのアクションなんかは4のイメージで記憶してたりして、ホント・・・思ったより地味で頭を抱えました・・・。

さて、そんな安らぎの一時を破った雄たけびがここで炸裂・・・!

f:id:sprinklersim:20170612122909j:plain

「おーい!小僧ども!わしの勇姿をご覧あれ!」

馬「ヒヒヒーン!!」

f:id:sprinklersim:20170612122922j:plain

「・・・馬・・・!?」

f:id:sprinklersim:20170612122942j:plain

「・・・馬だ!!」

f:id:sprinklersim:20170612122955j:plain

「・・・おねえさん・・・馬に乗れるんだ・・・」

「・・・ちょっとカッコ良すぎやしないか・・・?」「うん!」

f:id:sprinklersim:20170612123012j:plain

「おやおや!これまたド派手なご登場ですな。」

「ほほほ!ちょっと驚かせてやろうかと思ってな。」

「そりゃぁもう、バッチリですよ!」

f:id:sprinklersim:20170612124704j:plain

「おねえさん!元気になったんだね!ていうか馬!カッコよすぎだよ!!」

「へへへ。」

f:id:sprinklersim:20170612124824j:plain

「そいつはワシの言う事しか聞かんよ?」

「・・乗った後に言われましても・・・。」

f:id:sprinklersim:20170612124759j:plain

f:id:sprinklersim:20170612125439j:plain

f:id:sprinklersim:20170619030454j:plain

f:id:sprinklersim:20170619030618j:plain

f:id:sprinklersim:20170612125221j:plain

まぁ、お約束の展開って事で・・・www

f:id:sprinklersim:20170612125927j:plain

「さて、じゃ帰るかの。」

f:id:sprinklersim:20170612125952j:plain

f:id:sprinklersim:20170612125452j:plain

f:id:sprinklersim:20170612125506j:plain

ほらほらぁ~?

何となくお嬢様に見えてきたでしょう~?

f:id:sprinklersim:20170612125515j:plain

ジョンはどうしてもこういう女性に弱いんだろうなぁ・・・とニヤニヤしつつ・・・www

f:id:sprinklersim:20170612130544j:plain

ゴス氏のお茶目なイタズラも無事大成功し・・・

f:id:sprinklersim:20170612130602j:plain

でもやっぱり、まだ言葉を交わすのは無理なのかなぁと思ったり。

f:id:sprinklersim:20170612131308j:plain

f:id:sprinklersim:20170619032736j:plain

f:id:sprinklersim:20170619031017j:plain

f:id:sprinklersim:20170619032028j:plain

f:id:sprinklersim:20170619032825j:plain

f:id:sprinklersim:20170619032834j:plain

f:id:sprinklersim:20170619034958j:plain

「あーーっ!おねえさんだ!」

f:id:sprinklersim:20170619035228j:plain

「馬・・・格好いいなぁ。」

このチェスって子は、本当に素直でいい子なんですよね。

f:id:sprinklersim:20170619034535j:plain

「凄いねぇ!馬に乗れるなんて知らなかったよ!」

「ふふふ、久しぶりに乗るからちょっと緊張したけどね。」

f:id:sprinklersim:20170619035501j:plain

「ね、よかったら乗り方教えてよ!・・・難しい?」

「ううん、馬と仲良くさえなれたら簡単だよ!」

(・・・ホント?馬に関してはド素人なもので・・・)

f:id:sprinklersim:20170619040755j:plain

「えーでもチェス~・・・明日は湖で秘密のスポット探索するんだろ?」

「うーん・・・そっか。じゃ明後日だね。」

f:id:sprinklersim:20170619041030j:plain

「俺・・・動物は苦手なんだけどなぁ・・・。」

「・・・ふふふ。」

「ねぇ、ちょっとだけ触ってみてもいい?」

「いいけど・・・優しくね。」

f:id:sprinklersim:20170619035837j:plain

「うわぁ・・・あったかいんだね!」

「うん、そうでしょ・・・。」

f:id:sprinklersim:20170619035934j:plain

せっかくの休暇なのに、やっぱり浮かない顔のリンダなのでした。

まぁでも、せっかくの休暇です。

もうちょっと悪あがき・・・じゃないや、地味なアクションの3のシムと格闘しつつ、もう数日、のんびりして下さいな。