スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第36話 代償

f:id:sprinklersim:20170816044256j:plain

「あぁっ・・・大変・・・どうして・・・」

「落ち着いて・・・今、お医者さんが診てくださってるから・・・」

f:id:sprinklersim:20170816044222j:plain

「大丈夫なの?ロバートは・・・大丈夫なのっ・・・?」

f:id:sprinklersim:20170816044155j:plain

「ロバート・・・!ロバート・・・!」

 

ーその日の朝ー

 

f:id:sprinklersim:20170816045304j:plain

「なぁ、お前やる気あんの?」

「え?ごめんロバート、何か言った?」

f:id:sprinklersim:20170816045334j:plain

「・・・ったく。はい!もう席交代しようぜ。」

「・・・え、だって僕いつも白い駒が好きなんだけど。」

「あーはいはい、つべこべ言わないの。」

f:id:sprinklersim:20170815043708j:plain

「このクソ寒い中、こっちは好きでもないチェスとリンダに付き合ってんだから。」

「だって、早くこのお土産渡したいんだもん・・・」

f:id:sprinklersim:20170815051306j:plain

「おねえさん、オーロラスカイのスノーボール、気に入ってくれるかな?」

「知るかよ。」

「・・・子供っぽかったかな・・・やっぱり民族衣装のネックレスにすればよかったかも・・・」

f:id:sprinklersim:20170815050458j:plain

「なぁ、さっきの話、なんで無視すんの?」

「何が?」

f:id:sprinklersim:20170815051324j:plain

「好きでもないチェスと リ ン ダ だろ。」

「え?」

「マジで?ほんと鈍い奴だなwwwww」

f:id:sprinklersim:20170815051346j:plain

「ちょっと何言ってるのかわかんないよ、ロバート。

今考えてるんだから話しかけないでくれる?・・・あ、そうやって邪魔する作戦?」

f:id:sprinklersim:20170815050714j:plain

「邪魔したところでどうせ勝てないよ。」

「おねえさん・・・帰って来たら教えてね。」

「あーはいはい。わかったって。」

f:id:sprinklersim:20170815031250j:plain

f:id:sprinklersim:20170815043849j:plain

f:id:sprinklersim:20170815044012j:plain

・・・は?

f:id:sprinklersim:20170815051529j:plain

「はぁっ・・・終わっちゃった。」

「楽しかった?」

「うん・・・すっごく。」

f:id:sprinklersim:20170815052023j:plain

「また行けたらいいな。」

「お茶でも飲んで行く?」

「いや、さすがに帰らないとまずい。」

f:id:sprinklersim:20170815051724j:plain

「そうだね・・・」

「ん?」

「あのね・・・本当にありがとう・・・無理させちゃって・・・」

f:id:sprinklersim:20170815052137j:plain

「無理なんかしてないよ。たまたまラッキーだっただけ。さて・・・帰るか。」

「うん、気を付けて。本当に・・・」

「わかったから。お礼はもう十分だよ!」

f:id:sprinklersim:20170815052324j:plain

・・・まさかな・・・

そんな訳ないだろ・・・?だって・・・チェスのやつ・・・

f:id:sprinklersim:20170815052254j:plain

「ロバートってば!」

「・・・え?」

「ロバートの番だよ!」

f:id:sprinklersim:20170815052438j:plain

「今、後ろ見ない方がいい。」

「なんで?」

「・・・ハートさんちの奥さんが・・・ビキニで歩いてんの。」

f:id:sprinklersim:20170815053203j:plain

「・・・うわぁ・・・気の毒だね。」

「だろ・・・見てやらない方がいいよな。」

f:id:sprinklersim:20170816005358j:plain

「・・・ん・・・時差ボケかな・・・眠い・・・」

f:id:sprinklersim:20170816073242j:plain

f:id:sprinklersim:20170816030249j:plain

「ロバートなの?早かったのね、さっき出掛けたばかりなのに。」

f:id:sprinklersim:20170816030427j:plain

「・・・いや・・・俺だよ。」

「あら、お帰りなさい。楽しかった?」

「あぁ・・・」

f:id:sprinklersim:20170816030632j:plain

「・・・え?ロバートはもう戻ってるのか?」

「嵐で早めに予定を切り上げたらしいわ。私も切り上げて戻って来たの。」

「・・・そうだったのか・・・悪かったな。」

f:id:sprinklersim:20170816033822j:plain

「せっかくだから今夜はクリスたちも誘ってどこかで外食する?」

「あぁ・・・そうだな・・・。」

f:id:sprinklersim:20170816034321j:plain

f:id:sprinklersim:20170816034332j:plain

f:id:sprinklersim:20170815053513j:plain

「・・・ねぇ、おねえさん帰って来たの見た?」

f:id:sprinklersim:20170816034852j:plain

「いや、鷲みたいに見張ってたけどまだだぞ。」

f:id:sprinklersim:20170815053750j:plain

「そっか・・・」

「なんだよ?」

「ぼく、もうボーイスカウトに行かなくちゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20170815053809j:plain

「また明日来てみ・・・」

「もう付き合わないぞ。このクソ寒い中、何時間待たされたか。」

「じゃ電話してから訪ねてみる。ロバートごめんね、もう行くよ。」

f:id:sprinklersim:20170815060443j:plain

「おぅ、頑張って来いよ。」

f:id:sprinklersim:20170815060513j:plain

f:id:sprinklersim:20170815060523j:plain

f:id:sprinklersim:20170815060541j:plain

まさかな・・・

f:id:sprinklersim:20170815060602j:plain

たまたま・・・どっかで出くわして送ってやっただけだろ。

・・・でも・・・だとしても・・

f:id:sprinklersim:20170815060621j:plain

・・・なんで家の中に入る必要がある?f:id:sprinklersim:20170815062134j:plain

いつから・・・?

f:id:sprinklersim:20170816041552j:plain

・・・家に着いたよ。まだわからんけど多分、大丈夫。

とりあえず平穏だよ。安心して。また会いに行く。・・・

f:id:sprinklersim:20170816041607j:plain

f:id:sprinklersim:20170815062150j:plain

f:id:sprinklersim:20170815062200j:plain

f:id:sprinklersim:20170815062214j:plain

f:id:sprinklersim:20170816042157j:plain

「ロバート遅いわねぇ。」

「またチェスと出掛けてるのか?」

「なんかリンダさんにお土産とか言ってたけど・・・よく知らないわ。」

f:id:sprinklersim:20170816042743j:plain

これって無駄にドキドキしちゃうパターンだと思います・・・。

後ろめたいのって結構しんどいもんね。

f:id:sprinklersim:20170815062341j:plain

待てよ・・・

f:id:sprinklersim:20170815062401j:plain

そういや・・・リンダの家のアップグレードとかでよく出掛けてたっけ・・・

f:id:sprinklersim:20170815062526j:plain

そういや・・・あの頃って妙に浮かれてた気がする・・・

f:id:sprinklersim:20170815062516j:plain

てことは・・・もうだいぶ前から・・・?

あの親父が・・・?そんな器用に取り繕えるのか・・・?

f:id:sprinklersim:20170815063507j:plain

くそっ・・・わかんねーな・・・

f:id:sprinklersim:20170815063513j:plain

「ダメだよ、十代に酒は売れないよ。」

「ケチ・・・」

「・・・言ったな?」

f:id:sprinklersim:20170815063612j:plain

「はい!これでも飲んで機嫌直せよ。」

「なにこれ・・・?」

「うちの特製ドリンクだよ。酒は入ってないぞ。」

f:id:sprinklersim:20170815063801j:plain

ったく・・・やってらんねーよ・・・

f:id:sprinklersim:20170815063905j:plain

あー・・・むしゃくしゃする・・・!!

f:id:sprinklersim:20170816053654j:plain

「骨折と軽い打ち身・・・」

「えぇ、運が良かったですね。ただ少しややこしく折れていますので、しばらくは入院になりますよ。」

「・・・骨折か・・・」

f:id:sprinklersim:20170816054508j:plain

「・・・よかったな。」

「・・・ロバート・・・」

f:id:sprinklersim:20170816055355j:plain

「どう?」「今寝てるの・・・お医者様は何て?」

「骨折と打ち身だって・・・」

「まぁ・・・可哀想に・・・でも命に関わらなくてよかったわね・・・」

f:id:sprinklersim:20170816062044j:plain

「おい・・・ちょっといいか?」

「・・・はい。」

f:id:sprinklersim:20170816063050j:plain

「大変だったな。」

「えぇ・・・」

f:id:sprinklersim:20170816063526j:plain

「ミッシェルも仕事を始めて最近うちを空ける事が多かったのか?」

「・・・そう・・・かもしれません。」

「何か変わった様子はなかったのか?」

f:id:sprinklersim:20170816064123j:plain

「・・・・・・正直・・・ロバートが何考えてるのかわからなくて・・・」

「前から不安定だったのに、お前がしっかりしないでどうするんだ?」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20170816063859j:plain

「・・・すいません。」

「まぁ難しい年頃なのはわかるけどな・・・

そう言えば・・・ビーストを盗んで転んだらしいぞ。」

f:id:sprinklersim:20170816063352j:plain

「・・・ビースト・・・ですか・・・」

「あんな大きなバイク・・・一体どうしたんだ、あいつ・・・」

f:id:sprinklersim:20170816070612j:plain

・・・返信遅くなってごめんなさい。時差ボケで寝てたの。

f:id:sprinklersim:20170816065536j:plain

旅行の件、問題になってないみたいで安心しました。

f:id:sprinklersim:20170816065556j:plain

またね。・・・