読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第21話 ジョンとリンダ

物語は始まったばかり・・・

f:id:sprinklersim:20170506163330j:plain

でも・・・ずいぶんとホロ苦い始まりとなってしまいました。

f:id:sprinklersim:20170506163401j:plain

せっかく好きな人との距離がググン!と近付いたのに・・・心は晴れません。

何故なら・・・アナタが手を出したのは人のものだから・・・。

f:id:sprinklersim:20170506163422j:plain

「なんで親父あんな所で寝てんの?」

「さぁ?昨日遅かったからじゃない?」

f:id:sprinklersim:20170506163432j:plain

「・・・何もあんな所で寝なくてもいいと思うのにね。」

f:id:sprinklersim:20170506170439j:plain

f:id:sprinklersim:20170506170301j:plain

「ちょっとあなた!」

「・・・ん・・・」

f:id:sprinklersim:20170506170328j:plain

「掃除の邪魔だから寝るなら寝室に行ってくれない?」

「・・・あぁ・・・すまん。」

f:id:sprinklersim:20170506170415j:plain

ジョンもジョンで・・・複雑な心境だと思います。

f:id:sprinklersim:20170508020014j:plain

f:id:sprinklersim:20170506164651j:plain

f:id:sprinklersim:20170506164658j:plain

『・・・奥さんと別れて・・・なんて言わないから・・・』

f:id:sprinklersim:20170506164828j:plain

「・・・どういう意味なんだ・・・?」

f:id:sprinklersim:20170507225404j:plain

「・・・なんで・・・」

f:id:sprinklersim:20170508021956j:plain

「・・・あんなこと言っちゃったんだろ・・・」

f:id:sprinklersim:20170508024711j:plain

『だから・・・またこうして会えたら嬉しいです・・・。』

『リンダさん・・・』

f:id:sprinklersim:20170508024801j:plain

『・・・今日は帰ります。』

・・・・・・・・・・・・・・・帰るんかい!

いや、そりゃ帰るけど・・・しかしリンダは一体何を血迷っているのでしょう?

・・・作ってる自分でもリンダのこのセリフには困惑しています。

f:id:sprinklersim:20170508041649j:plain

f:id:sprinklersim:20170507232834j:plain

まぁ・・・これまで溜めていた思いが溢れて、あんな事になってしまえば・・・

戸惑うリンダの気持ちもわかるような気がしますが・・・

それにしても『奥さんと別れてなんて言わないから・・・』って・・・小悪魔か!

f:id:sprinklersim:20170507232902j:plain

f:id:sprinklersim:20170507232849j:plain

「コナーさんおはようございます!」

「・・・おはよう!」

f:id:sprinklersim:20170508001201j:plain

f:id:sprinklersim:20170508005012j:plain

それでもジョンは仕事に行かないといけませんし・・・

というよりは、普段通りに振る舞わないといけませんし・・・

f:id:sprinklersim:20170508005022j:plain

こういう時、ジョンは何を考えているのかなぁと思ったりします。

f:id:sprinklersim:20170508001259j:plain

「こんにちはー!おねーさーん!」

f:id:sprinklersim:20170508001243j:plain

「・・・チェスくん・・・。」

f:id:sprinklersim:20170508001319j:plain

一人で黄昏ようと思ってもこんな事ってあると思いますし・・・。

やっぱり不倫モノって難しい!

f:id:sprinklersim:20170508001333j:plain

「おねーさん今日は気分転換?」

「・・・え?」

f:id:sprinklersim:20170508030625j:plain

「あ、違った?作品書いてるんだと思ってた。」

「・・・う、うん・・・まぁね。」

f:id:sprinklersim:20170508001350j:plain

「ふーん・・・」

「え、なに?ロバート何か言った?」

「いや・・・」

f:id:sprinklersim:20170508001401j:plain

「つか・・・なんか俺・・・腹減ったな。」

f:id:sprinklersim:20170508001434j:plain

「ねぇ、リンダさんだっけ?いつもこいつがリンダさんは料理上手だって褒めているんです。」

「・・・ん?」

「なんか僕達お腹空いちゃって・・・」

f:id:sprinklersim:20170508023746j:plain

「ロバート・・・結構図々しいんだね。おねえさんは気にしないで、そこで何か食べればいいし。」

「いや、でも俺、今日すっからかんなんだよ。」

f:id:sprinklersim:20170508011605j:plain

「ね?おねえさんの料理ってやっぱ上手いでしょ?」

「・・・チェスは俺に感謝しろよ?」

「なんで?」

f:id:sprinklersim:20170508011613j:plain

こんな話があるか!とズッコケられるかもしれませんが・・・

実際に、ジョンの息子のロバートとチェスターは永遠の親友なのですから、しょうがない!(開き直り!)

f:id:sprinklersim:20170508011636j:plain

しかしねぇ、奥さん。

このロバートって子はお母さんそっくり!なんです。

f:id:sprinklersim:20170508015036j:plain

こんな時・・・やっぱリンダは気まずいのかなぁって思ったり。

f:id:sprinklersim:20170508031150j:plain

「コナーさん、よかったら今日付き合ってくれません?また嫁と揉めちゃって。」

f:id:sprinklersim:20170508015117j:plain

「・・・いや・・・」

f:id:sprinklersim:20170508015216j:plain

「今日は・・・」

・・・どうすんねん!?今日はどうするの?こんな時ってどうするんだーっ!!

f:id:sprinklersim:20170508015229j:plain

f:id:sprinklersim:20170508015247j:plain

個人的には、その翌日って結構・・・大切だと思うんです。

f:id:sprinklersim:20170508015306j:plain

翌日に気持ちを抑えられるなら・・・

f:id:sprinklersim:20170508015332j:plain

f:id:sprinklersim:20170508015357j:plain

f:id:sprinklersim:20170508015409j:plain

f:id:sprinklersim:20170508015422j:plain

でもこの二人は・・・

f:id:sprinklersim:20170508015908j:plain

「・・・これ、よかったら一緒に食べないかな・・・と思って・・・」

f:id:sprinklersim:20170508040513j:plain

「・・・えっと・・・」

「・・・やっぱり・・・」

f:id:sprinklersim:20170508040818j:plain

「・・・帰るよ・・・ごめん・・・何やってんだろ・・・」

f:id:sprinklersim:20170508041320j:plain

「・・・入って・・・」

f:id:sprinklersim:20170507094905j:plain

でも、この二人は・・・きっと無理だと思います。