読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

始まりの終わり 番外編

はぁ・・・恥かしかった・・・!

f:id:sprinklersim:20170430224150j:plain

恥かしいけど、あそこを越えなきゃ話が進まないので顔真っ赤で頑張った!

けど、ここ数話はずーっと物語用の撮影ばっかりで肩が凝っちゃった!

なので・・・

f:id:sprinklersim:20170430224212j:plain

たまにはのーんびり、海レジャーなど楽しみたい気分でした。

やっぱ拡張が出揃っているので、出来る事が多いのが3の強みですよねぇ。

f:id:sprinklersim:20170503014441j:plain

て、ことで、今日の息抜きは・・・

前々回にちょこっと出てもらったうちのシムズ史上最高の駄目男、ルシアノくんです。

つか、いきなり調子に乗ってるな、こいつ。

f:id:sprinklersim:20170503014643j:plain

今日も今日とて平和なサンセットバレー。

f:id:sprinklersim:20170503014852j:plain

あ、マルコム坊ちゃまだ!

この日は週末、土曜日だったのですが、出かけた先で宿題をしていないティーンが次々に宿題を始める真面目デーになっていました。

マルコム坊ちゃまはさすが、宿題済ませて余裕顔みたいです。

f:id:sprinklersim:20170503014631j:plain

うちのサンセットバレーはほとんど夏固定にしているので、かき氷マシーンが大人気です。

お馴染みのシムたちがのんびりしているのを見るのって、大好きだなぁ。

f:id:sprinklersim:20170503015024j:plain

お祭り会場でホットドックの大食い大会に参加。

f:id:sprinklersim:20170503015046j:plain

お!

f:id:sprinklersim:20170503015229j:plain

いいペースで一等賞貰ったけど、詰め込みすぎて気分が悪いみたい。

他所ではクラベルさんちのお父さんがポーラインちゃんの水着にヒャッハーしてるし・・・www

やっぱ3のシムは(2に比べると没個性などと言われているけど・・・4に比べると)個性的で好きです。

f:id:sprinklersim:20170430224230j:plain

さて、お調子者のルシアノに戻って。

f:id:sprinklersim:20170503015750j:plain

f:id:sprinklersim:20170503015910j:plain

海レジャーで気持ちよく疲れた後は、飲み屋のマスターとカラオケ!

本当にこのカラオケをするシムが好き。

そんな飲み屋の裏庭では・・・

f:id:sprinklersim:20170503015804j:plain

あぁ、やっぱりスプリンクラーが好きすぎなんですね・・・wwww

『アウトドア好き』のシムは特にスプリンクラー好きですよねぇ。

f:id:sprinklersim:20170503015635j:plain

4のプレイヤーをいじめるようで申し訳ないですが・・・www

3は拡張が出揃っている!ので娯楽が充実してるんですよね。

f:id:sprinklersim:20170503015651j:plain

だから結構、色んなタイプの飲み屋が作れて町っぽさが出るのがいいです。

などと、ちょっと4の応援団の皆様に気の毒な事を思っていたら・・・

f:id:sprinklersim:20170503015707j:plain

飲み屋の向かいで独り言を呟くアブナイシムなんか居ちゃったりして・・・

やっぱこのシュールさ、嫌いになれません。

f:id:sprinklersim:20170503015941j:plain

別の日。

この日は汗を流しにジムへ。

ゴス氏がテレビトレーニングしていて可愛いったらありゃしません。

f:id:sprinklersim:20170503015949j:plain

未来の義娘、ベラちゃんも。

ストア品のバレエのレッスンバー、これ女の子がやってるとごっつい可愛い!

f:id:sprinklersim:20170503020105j:plain

ルシアノはジョン家の長男、クルクル頭くんに昨日作ったテープ?を押し売り中。

このクルクルくん、実は歪んだ家庭で天使の役割をしてくれた好青年なんですが、まぁそれはまた今度。

f:id:sprinklersim:20170503020147j:plain

一汗かいて喉を潤そうと自販機でジュースを買ってみたら、ジュースが暴発!

ムカついたので・・・

f:id:sprinklersim:20170503020423j:plain

ムキになって自販機に八つ当たりしていたら・・・wwww

f:id:sprinklersim:20170503020431j:plain

マルコム坊ちゃま・・・この頃から、おませさんだったみたいですね。

だって、この子があのマルコムになっちゃうんだぜェ・・・?

f:id:sprinklersim:20170503020127j:plain

ジュースでベタベタになったので、ホットタブで体を温める。

f:id:sprinklersim:20170503020501j:plain

ゴス氏とクルクルくんも一緒に。

f:id:sprinklersim:20170503020535j:plain

何となく、わかる気がします・・・wwww

さて、しばらくのーんびり遊んで気が済んだので、物語に戻って・・・

f:id:sprinklersim:20170503043138j:plain

よし!ルシアノ、そろそろ出番だよ。

f:id:sprinklersim:20170503020600j:plain

これはジョンとリンダがそうなるちょっと前のお話。

・・・『来週で終わりかな、この調子だと。』・・・

f:id:sprinklersim:20170503020612j:plain

「・・・来週で終わりか・・・。」

それを知ってから、ずーっとこんな感じのリンダでした。

そりゃいつかは終わるってわかってたけどさ、やっぱり一緒に居る時間って楽しかったんだと思うんですよね。

f:id:sprinklersim:20170503042656j:plain

「・・・あ・・・」

f:id:sprinklersim:20170503020632j:plain

「昨日から何も食べてない!何か食べなくちゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20170503020718j:plain

「・・・おい、冷蔵庫空っぽじゃないか・・・」

f:id:sprinklersim:20170503020843j:plain

「あーぁ・・・冷蔵庫空っぽだ・・・」

f:id:sprinklersim:20170503035414j:plain

「買い物行かなくちゃ・・・面倒臭いなぁ・・・。」

f:id:sprinklersim:20170503020726j:plain

「おい、冷蔵庫空っぽだぞ・・・夕飯何作るつもりだったんだ?」

「え?そう?ふーん・・・じゃ悪いけど買い物行って来てくれる?

ついでだからハンバーガーでも買って来たら?今、 (テレビ番組が)いいところなの。」

f:id:sprinklersim:20170503020811j:plain

「・・・まったく・・・。」

ジョンの家庭はちょっと問題アリなんだと思います。

一方その頃・・・

f:id:sprinklersim:20170503021220j:plain

「ねぇ!ちょっとそこの君!そこのリンダさーん!」

f:id:sprinklersim:20170503021118j:plain

それは、あなたがヒロインだから。

さぁ、ヒロイン!頑張って来い!

f:id:sprinklersim:20170503021229j:plain

「もーっ!電話待ってたのになぁ。せっかくのチケットがパァ!だよ。」

「・・・ごめんなさい・・・。」

f:id:sprinklersim:20170503021309j:plain

「ほんとだよ!寝ないで考えた口説き文句だったのになァ。

ちょっとはズキュンと来なかった?たまたまじゃない、君と行きたくて・・・ってやつ。」

f:id:sprinklersim:20170503022212j:plain

「・・・えぇ、まァ・・・素敵でしたね。」

「だろ?ね、だったらこれから埋め合わせしてよ!」

「・・・え?」

f:id:sprinklersim:20170503022150j:plain

「ほら、そこのビストロでご馳走してくれたら水に流す!」

「・・・でも・・・」

「これから何か用事あるの?」「・・・い、いえ・・・」「だったら!」

f:id:sprinklersim:20170503024627j:plain

「・・・もうっ、強引なんだから。」

このルシアノって奴は、こんな調子で結局自分のペースにするのが上手いシムなんだと思います。

特質で言えば『口達者』+『お調子者』じゃないや・・・『魅力的』かな。お調子者ってのがぴったりなシムなんですけどね。

f:id:sprinklersim:20170503024704j:plain

「もうっ・・・ご馳走するって話だったのに、あなたが払ってたんじゃ意味ないじゃない。」

「へへへ、これがモテる秘訣でね。」

f:id:sprinklersim:20170503024719j:plain

「しかし君、俺の誘いを平気で断るって、よっぽど好きな人でも居るんだ?」

「・・・それは・・・まぁ・・・ね。」

「ははぁっ、訳アリって感じ?もしかして不倫とか?」

f:id:sprinklersim:20170503024729j:plain

「ゴ・・・ゴホっ!ゲホっ・・・な、なんで!?」

「あれ?図星だったんだwwww」

「・・・いえ・・・そんなことは・・・」

f:id:sprinklersim:20170503024815j:plain

そんなわかり易いリンダは置いといて・・・w

前回のお話、ちょっとジョンの様子がおかしい風にしてみたのですが、理由はコレだったって訳です。

f:id:sprinklersim:20170503024800j:plain

どうでしょうか・・・

ジョンとしても、若くて魅力的なお嬢さんと2人っきり。

しかも相手はどうも、自分に好意を寄せているようだ・・・となれば・・・

f:id:sprinklersim:20170503024833j:plain

最初は意識してなかったとしても、たぶん・・・

知らず知らずのうちに意識するようになっちゃうのではないかと、思うんですよね。

f:id:sprinklersim:20170503024840j:plain

しかもやたらグダグダ長く引っ張った序盤・・・こちらとしてもそろそろ話を進めたい。

進めたいが、どう進めようか・・・っていうと・・・

f:id:sprinklersim:20170503025019j:plain

やっぱ嫉妬が手っ取り早いのかなぁ、なんっちゃって・・・。

いや、たぶん、誰かに取られそうになって急に焦るって気持ちは・・・あると思います。

f:id:sprinklersim:20170503025031j:plain

まぁ、そんな訳で・・・

家庭がある相手とわかっていながら手を出したリンダと・・・

家庭を持ちながらリンダに手を出したジョンの・・・ちょっとした言い訳なのでありました。

f:id:sprinklersim:20170503043425j:plain

ルシアノはご苦労さん!