読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

第16話 困った時のローズさん

そんな訳で、困った状況に陥りつつあるリンダです。 

f:id:sprinklersim:20140701022757j:plain

今にも溢れそうな気持ちを抑えてるのに、

まさか毎週家で2人っきりなんて、危険極まりない賭けですよねぇ。

ジョンは無邪気を装っていますが、果たして本音と下心はどんなもんなのか気になるところですが・・・

f:id:sprinklersim:20140701023022j:plain

ともかく・・・リンダにとっては・・・

やっぱりこういう時に頼れるのは、この人しか居ないかな。

f:id:sprinklersim:20140701022900j:plain

・・・ピンポーン・・・

f:id:sprinklersim:20140701023108j:plain

「あら、リンダじゃない、何か進展でもあったのかしら?」

「・・・。」

「・・・何だか様子がおかしいわね?」

f:id:sprinklersim:20140701023522j:plain

「・・・ローズさん・・・私・・・」

f:id:sprinklersim:20140701023558j:plain

「・・・どうすればいいのかわかんない・・・。」

「あらあら・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701023746j:plain

「で、どうしたっていうの?何があったのよ?」

「それが・・・」

f:id:sprinklersim:20140701023721j:plain

「もうわかんない・・・。」

「それじゃ私にもわかんないでしょ?」

f:id:sprinklersim:20140701024014j:plain

「だって・・・好きになっちゃ駄目なのに・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701023929j:plain

「・・・どうすればいいんだろ・・・。」

結局、押し切られる形で頷いてしまったものの、やっぱり複雑な心境のリンダ。

そりゃ喉から手が出るほど欲しいものを目の前に、自制心を働かすなんて、普通の人だって難しいですよね。

f:id:sprinklersim:20140701031934j:plain

「もう全部忘れてなかった事にしたい・・・」

「まったく・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701024244j:plain

「だって・・・それしか方法がないんだもん・・・。」

「でも忘れられないからそんなことになってるんでしょ?」

「・・・だって・・・もう引っ越しでもしようかな・・・。」

「ダメよ、逃げたって何も始まらないわ。」

「・・・始まっちゃダメなんです。」

f:id:sprinklersim:20140701024439j:plain

「おやおや、てことは・・・遂に始まりそうなのね?」

「・・・それもわかりません・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701024923j:plain

「・・・でも・・・自分を抑えきれるかもわからない・・・。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701024757j:plain

「もうぶつかっちゃえ。」

「・・・?」

「いいじゃないの、不倫なんてよくある話なんだし。誘惑的なシムなんだからなおさらじゃない。」

f:id:sprinklersim:20140701024408j:plain

「・・・私・・・そんなことしたくない。」

「あら、でも、もう止められそうにないじゃない?」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20140701030048j:plain

「・・・だから困ってるんです・・・。」

「まったく、若いってほんとに羨ましいじゃないの、ふふふ。」

 

f:id:sprinklersim:20150124011141j:plain

f:id:sprinklersim:20150124012023j:plain

「確かにそうね。」

「・・・?」

「道徳的に考えればいけないことかもしれないわ。でも好きになっちゃったもんは仕方ないじゃない。」

f:id:sprinklersim:20150124013255j:plain

「好きなんでしょ?その人のこと。」

「・・・どうだろう・・・。」

「好きじゃなかったらそんなんにならないわよ。」

f:id:sprinklersim:20150124012115j:plain

「それにまだわからないわよ?ぶつかってみたところで相手がどう出るかもわからないじゃない?

もしかしたら俺には家庭があるから無理だって言われるかもよ?」

f:id:sprinklersim:20150124012156j:plain

「・・・それは・・・そうです。」

「ま、まずそんな話はないと思うけどね・・・ほほほ。」

 でも、ぶつかってみた方がすっきりするって。」

f:id:sprinklersim:20150124012842j:plain

「・・・でも・・・。」

「まったく、ほんとにこの子は誘惑的なのかしらね。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150124012225j:plain

「あなた・・・相当好きなんでしょ?その人のこと。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150124012754j:plain

「・・・それは・・・。」

「ほんとに羨ましいわねぇ。私ももう一花咲かせたいわぁ!」

「・・・ふふふ・・・」

 

f:id:sprinklersim:20170416173917j:plain

「・・・ローズさんに話を聞いてもらえて・・・ちょっと安心したかも・・・。」

「でしょ!きっといっぱいいっぱいだったのね。」

「・・・やっぱり、何とか胸に収めたままにしておこうと思います。

f:id:sprinklersim:20170416173927j:plain

・・・うん・・・やっぱりそれが一番だと思うから。」

「・・・私はそうは思わないけどね。」

f:id:sprinklersim:20170416173941j:plain

「・・・そうかな。」

「そうなのよ、じゃないと話が進まないしね。」

「・・・?」

「あら、こっちの話だったわね、ほほほ。」

f:id:sprinklersim:20170416174019j:plain

「・・・軽蔑なんてしないから。」

「・・・え?」

「もしそうなっても私は軽蔑なんかしない。

だから、安心してドロドロ劇場を繰り広げればいいわよ。」

「もう・・・。」

f:id:sprinklersim:20170416174011j:plain

「いいじゃない、人のモノって何だか燃える気持ちわかるしね。

思い出すわね~。愛と裏切りの日々。」

f:id:sprinklersim:20170416174519j:plain

「・・・ローズさん・・・もしかして・・・」

「当たり前じゃない!こう見えても私だって誘惑的だったんだから。」

「じゃないと恋愛小説なんて書けないわよ。」

f:id:sprinklersim:20170416174510j:plain

「・・・その話・・・もっと聞きたいな。」

「ふふふ、また今度ね。よし、ダイナーまで競争ね!!」

f:id:sprinklersim:20170416174350j:plain

「ローズさん・・・ちょっと待って。」

「負けたほうのおごりなんだから!」

「そんなのズルい!第一私ヒールです・・・!」

f:id:sprinklersim:20170416174403j:plain

「そんなの知らなーい!」

さすがローズさん、聞き上手励まし上手なんですね。

いい友達に恵まれてよかったね、リンダ。