読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

恋愛下手なシム

さて、そんな訳で訪れたトンプソンズの危機。

f:id:sprinklersim:20161124024313p:plain

困難を乗り越えて、ようやく少ーしだけ黒字になり始めたところで毒舌批評家の登場です。

さすがにオーナーも気が気でないので、ちょっと落ち込み気味かな。

f:id:sprinklersim:20161124024329p:plain

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124030136p:plain

「ねぇ、ちょっと機嫌直して?お願い!俺が悪かったから!」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124025959p:plain

「だって、まさか名前変えて来るとは思わないじゃーん・・・?」

「あの顔見たら普通はピン!とくるでしょ?」

f:id:sprinklersim:20161124030022p:plain

「どうせまた変な事でも考えてたんでしょうね!」

「・・・いや・・・まぁ・・・その・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124061802p:plain

と、数々の波乱を巻き起こし中のサマンサ来店劇。

f:id:sprinklersim:20161124061841p:plain

いい加減、普通にまったりプレイをしたいのですが・・・w

もうちょっと小芝居続きます。

f:id:sprinklersim:20161124030232p:plain

「そんな事どうでもいいからさ、ちょっとこれ読んでみろよ。

めっちゃ腹立ってくるけどな!」

f:id:sprinklersim:20161124030243p:plain

f:id:sprinklersim:20161124062028p:plain

「・・・なんだ?この有様は・・・?まだ誰も来てないのか?」

f:id:sprinklersim:20161124030315p:plain

「・・・やれやれ・・・まったく・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124030336p:plain

「・・・なんだ、みんな揃ってるじゃないか。

下の地獄絵図、俺も手伝うから早く何とかしないとな。」

f:id:sprinklersim:20161124030353p:plain

「・・・聞いてるか・・・?」

「・・・オーナーっ!何ですかあの女は?」

f:id:sprinklersim:20161124031743p:plain

「一体何様のつもりでこんな酷い批評ばっかりしやがるんだ。」

「リトルコルシカが一つ星だなんて俺は認めないぞ!」

「・・・読んだのか、彼女の批評集・・・酷いだろ・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124031809p:plain

「酷いなんてもんじゃないです!こんなのただの悪口じゃないか!」

「また来るって言ってましたけど、何とか阻止する事ってできないんですか?」

「うーん、下手に締め出したら何書かれるかわからないからなー・・・。」

 

f:id:sprinklersim:20161124062117p:plain

「そんなの酷い!勝手にやって来て悪口書くなんて最低だわ!」

「どうしましょう・・・」「どうしよう・・・」「困ったな・・・」

「・・・とにかく・・・!」

f:id:sprinklersim:20161124031932p:plain

「・・・とにかく・・・出来る事をやるしかないんじゃないかな。」

f:id:sprinklersim:20161124062155p:plain

「だって今日もお客さんは来るし・・・

今、出来る事をやるしかないですよ、やっぱり。」

「・・・料理長・・・」

f:id:sprinklersim:20161124032020p:plain

「・・・。」

「・・・そうだね。」

「そうだな!」

f:id:sprinklersim:20161124032043p:plain

「よし!じゃ、今日もよろしく頼むぞ!」

と・・・雨が降って地面が固まりそうなトンプソンズのメンバー。

f:id:sprinklersim:20161124033003p:plain

今日も忙しい一日が始まりました。

f:id:sprinklersim:20161124032134p:plain

f:id:sprinklersim:20161124032125p:plain

f:id:sprinklersim:20161124032117p:plain

f:id:sprinklersim:20161124033039p:plain

「いらっしゃいませ~!」

f:id:sprinklersim:20161124032158p:plain

「やだ、ボクもうお子様ランチはイヤなの!」

「でも食べきれないだろ?」

「残ったら私が食べなきゃいけないじゃない!痩せるの大変なのに~・・・!」

f:id:sprinklersim:20161124033050p:plain

f:id:sprinklersim:20161124032210p:plain

f:id:sprinklersim:20161124033108p:plain

このようにして・・・今日のところは平和なトンプソンズ。

f:id:sprinklersim:20161124033116p:plain

この大盛況を見たらオーナーの心配も、ちょっとは吹き飛んだかな。

f:id:sprinklersim:20161124035850p:plain

「お疲れさまでした~。」

「お先に失礼しまーす。」

f:id:sprinklersim:20161124040258p:plain

「おう、お疲れさん。」

f:id:sprinklersim:20161124035910p:plain

f:id:sprinklersim:20161124062815p:plain

「さて、何か残り物でも食うかな。」

f:id:sprinklersim:20161124035927p:plain

「・・・ん?」

f:id:sprinklersim:20161124035937p:plain

f:id:sprinklersim:20161124040528p:plain

「・・・気まぐれくん・・・。」

f:id:sprinklersim:20161124035958p:plain

「おい、何やってんだ、もうお客は居ないぞ。まだ帰らないのか?」

「・・・ちょっと居残りしてもいいですか?」

「いいけど・・・どうした?」

「いや、ちょっと・・・

うちの看板メニューになるような料理を何か思い付かないかなぁと思って・・・」

f:id:sprinklersim:20161124040038p:plain

「そりゃ、オーナーのイタリアンミートボールには敵わないですけど、

何か新しいメニューがあればいいかな、と思って・・・」

「・・・気まぐれくん・・・よし!じゃ何か手伝う事ないか?」

f:id:sprinklersim:20161124040018p:plain

気まぐれシェフくんがまさかまさか、こんなに立派になるとはねぇ。

気軽なつもりで始めた都会的レストラン生活ですが、

思いのほかドラマが潜んでいて結構楽しい今日この頃です。

f:id:sprinklersim:20161124040657p:plain

さて、そんなドラマぎっしりなトンプソンズは・・・

f:id:sprinklersim:20161124040729p:plain

f:id:sprinklersim:20161124040808p:plain

ちょっと置いといて。

ここからちょっとだけこっちで遊びます。

f:id:sprinklersim:20161124040835p:plain

トンプソンズに訪れた諸悪の根源。

毒舌批評家サマンサの都会的独り暮らしの巻。

f:id:sprinklersim:20161124040900p:plain

今回の拡張で『批評家』って職業が追加されましたでしょう?

あと、家で仕事するスタイルも出来るようになってるんですよね。

なので、どんなんかなーって事で、ちょっとだけ遊んでみたくなっただけです。

f:id:sprinklersim:20161124040909p:plain

さて、そんなサマンサ。

f:id:sprinklersim:20161124040922p:plain

職業は『批評家』

特質は・・・『美食家』『完璧主義者』と・・・

f:id:sprinklersim:20161124040937p:plain

こう見えて、彼女・・・実は『恋愛下手』なシムだったりして。

とりあえず、今日は家でのお仕事です。

f:id:sprinklersim:20161124041500p:plain

職業レベル1の課題はこんな感じ。

さっそくアート地区へ今日の課題をこなしに出掛けます。

f:id:sprinklersim:20161124063749p:plain

ちなみに、職業レベルが上がると飲食店などの『レビューをする』ってコマンドが増えますヨ。

何度か試したけど、特別なアクションなどはないみたいだけどねー。

f:id:sprinklersim:20161124063905p:plain

まぁでも、コマンドだけでもちょっとは雰囲気出るのでいいと思います。

さて、朝の一杯を済ませた後はお仕事。

道端で演奏しているシムを鑑賞すれば条件が達成されます。

f:id:sprinklersim:20161124065607p:plain

で、今日はなんと!

路上ミュージュシャンがイケメンサムくんでした。

あぁ、やっぱりイケメンは放っておけないのが中の人・・・。

f:id:sprinklersim:20161124065640p:plain

『あらお兄さん、ちょっと遊ばな~い?』的なノリで声を掛けたいんだけど・・・

彼女は『恋愛ベタ』なシムです。

で、『恋愛ベタ』ってどんなんかなーって事なんですけど、

f:id:sprinklersim:20161124070007p:plain

簡単に言うと、恋愛が下手クソです。

というか、恋愛コマンドの失敗率の高さと、恋愛ゲージの伸びなさが主な特徴なんですけど・・・

f:id:sprinklersim:20161124070019p:plain

この日は、ふらりと寄ったバーのバーテンがイケメンだったので、

気軽な感じでお持ち帰りされたいわぁ、と、これはサマンサの願望ですよ!

間違っても中の人の願望などでは・・・ゲフンゲフン・・・w

f:id:sprinklersim:20161124070116p:plain

とにかく、気軽な感じで誘ってみようと思ったら、この有様でした。

『デリカシーのかけらもない質問』まぁこれは何となくわかるけど、

『痛々しい口説き文句』とか『無作法に外見を褒める』ってこれどんなセリフ当てたらいいのでしょうか?

f:id:sprinklersim:20161124070149p:plain

「ねぇ、イケメンさん。あなたって、性的にとても魅力的なのね!

今晩私とチョメチョメしません?」

・・・みたいな感じー????

f:id:sprinklersim:20161124070338p:plain

いや、こればっかりは本当に想像出来ませんwww

どんな酷い口説き文句を想定しているのか、これを組み込んだ人にちょっと聞いてみたい。

f:id:sprinklersim:20161124070351p:plain

ともかく、そんな感じの『恋愛下手』です。

だから・・・

f:id:sprinklersim:20161124065656p:plain

「ねぇ、お兄さんって・・・何だかすごく男らしくって逞しくって・・・

体力ありそうなのね。よかったらこれから夜明けのコーヒーしませんか?」

みたいな・・・?

f:id:sprinklersim:20161124065818p:plain

いや、むしろあなたに逮捕されたいと、ずっとそう願っているのですが・・・w

f:id:sprinklersim:20161124065901p:plain

とにかく、あまりいい感じではない口説き文句連発なんでしょうけど・・・

中の人は主にオヤジギャグの方が得意なんです。

f:id:sprinklersim:20161124065914p:plain

ともかく、恋愛面で結構難易度が高い『恋愛下手』

いつかは素敵な彼と結ばれる日を願って・・・

f:id:sprinklersim:20161124070552p:plain

今日は・・・週末。

f:id:sprinklersim:20161124070611p:plain

待ちに待ったロマンスフェスの日です。

f:id:sprinklersim:20161124070705p:plain

サマンサの気合は十分ですが・・・さてどうなりますやら。