読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

ルークとエマの物語 第一章

 

今回のテーマソングは引き続き『The Goo Goo Dolls - Black Balloon』です。

 

f:id:sprinklersim:20150510230502p:plain

「いやー、しかし敵ながら天晴れだな。」

「こら、感心してる場合じゃないでしょ!」

f:id:sprinklersim:20150510230528p:plain

「・・・兄ちゃん・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511000031p:plain

f:id:sprinklersim:20150511000052p:plain

「・・・結局・・・全部・・・後手後手だったのか・・・。」

f:id:sprinklersim:20150510230614p:plain

「・・・まったく・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511042523p:plain

f:id:sprinklersim:20150511042457p:plain

「・・・あれ?」

f:id:sprinklersim:20150510233815p:plain

「・・・君は確か・・・この間の・・・」

「アタイは・・・ここのゴミの片付けをしてただけだよ!」

「・・・へぇ、それは感心だ。」

f:id:sprinklersim:20150510233841p:plain

「・・・兄ちゃん・・・ルークさんって・・・どうなったの?」

「・・・ん?知らないんじゃなかったのか?」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150510233918p:plain

「・・・捕まっちゃったの?」

「・・・それがなぁ・・・。」

f:id:sprinklersim:20150510234232p:plain

「じゃ・・・逃げられたのかい?さすが兄ちゃんだね。」

「・・・えらく信頼してる風なんだな・・・。」

「当ったり前だろ。」

「でも、悪党だぞ?」

f:id:sprinklersim:20150510234159p:plain

「・・・そんな事ない!・・・ほんとは・・・。」

「へぇ、だったらそのホントってのを詳しく聞かせてくれないか?」

「・・・兄ちゃんは・・ほんとは悪い人じゃないんだ!」

f:id:sprinklersim:20150510233937p:plain

「兄ちゃんは・・・貧しいシムをいっつも助けてる!」

「へぇ・・・でも盗んだ金でだろ?」

「だけど・・・あそこの空き地だって、兄ちゃんがああやって公園にしてくれたんだ!役所の奴らに頼んだって、貧乏人の土地になんか遊具を置いてくれないじゃないか!」

f:id:sprinklersim:20150511054350p:plain

「・・・けどなぁ・・・ルークって奴は評判悪いみたいだぞ?」

「もしかして、あのオカマコンビのことだろ?」

f:id:sprinklersim:20150510233952p:plain

「そりゃ、あいつらには評判悪いだろうさ、いっつも弱い者いじめばっかしてさ!

けど、兄ちゃんがいつもオイラたちを守ってくれるんだ!」

「・・・へぇ・・・それじゃまるで義賊って訳か・・・。」

f:id:sprinklersim:20150510234031p:plain

「ギゾクって?」

「本当は正義の味方だけど、やり方がマズい奴のことさ。」

「ははっ!ちげぇねえや!」(サヤカちゃん何キャラやねん・・・というツッコミは受け付けます・・・w)

「だったら・・・もしかして、兄ちゃんの居所知ってるんじゃないか?」

f:id:sprinklersim:20150510234314p:plain

「今の話も考慮して悪い様にはしなから、教えてくれないか?」

「・・・知ってたとしても言う訳ないじゃん・・・!バーカ!!」

「おい!こら・・・待ちなさい・・・」

f:id:sprinklersim:20150510234332p:plain

「さすが下町っ子、逃げ足だけは早いってか・・・。」

f:id:sprinklersim:20150510234715p:plain

「おい!クレール!!!!」

f:id:sprinklersim:20150511001710p:plain

「一体どういう事なんだ!大失態じゃないか!!」

f:id:sprinklersim:20150511001902p:plain

「・・・すいません。」

「で、道路封鎖の網はどうなったんだ!」

「・・・引っ掛かりません・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511002317p:plain

「・・・恐らく・・・」

f:id:sprinklersim:20150511002836p:plain

「もう高飛びしているかと・・・。」

「まったく!何をのん気に・・・高飛びしているかと・・・だ!!」

f:id:sprinklersim:20150511003050p:plain

「一応、近隣の町にも指名手配は出してあるので・・・。」

「えーい!もういい!」

f:id:sprinklersim:20150511002852p:plain

「・・・くそーっ!いまいましいフィッシャーめ!!」

f:id:sprinklersim:20150511033957p:plain

「ボス!よくぞ・・・ご無事で・・・!」

f:id:sprinklersim:20150511002928p:plain

「ここらも保安官が騒がしかったんですが・・・ご無事で何よりです!」

f:id:sprinklersim:20150511003001p:plain

「いやー、あっちもこっちも大騒ぎですよ!本当によくここまで・・・」

「これくらい朝飯前に決まってんだろ。・・・だって・・・」

f:id:sprinklersim:20150511003247p:plain

「・・・俺はルークだぜ?」

f:id:sprinklersim:20150511003308p:plain

・・・キリッ・・・w

いい加減、恥ずかしくなっているので・・・親バカもたいがいにしたいと思います・・・w

f:id:sprinklersim:20150511003351p:plain

f:id:sprinklersim:20150511040104p:plain

「・・・メイ・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511034114p:plain

「・・・あぁ・・・連絡遅くなってごめん・・・ん?メシ・・・?

いや・・・今日はまだ遅くなりそうなんだ・・・うん・・・悪いな・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511045744p:plain

「・・・そっか・・・じゃ・・・あんまり無理しないでね。」

f:id:sprinklersim:20150511034143p:plain

「・・・あれ・・・?」

f:id:sprinklersim:20150511034236p:plain

「・・・今日も遅いって?」

「うん・・・何だか大変みたい。」

f:id:sprinklersim:20150511034256p:plain

「・・・あんまり無理だけはして欲しくないんだけどな・・・。」

「・・・ま、もうちょっとしたら落ち着くさ。」

f:id:sprinklersim:20150511034314p:plain

「なぁ・・・一段落したら、みんなでどこかへ出掛けないか?」

「・・・うん、いいかもね!」

f:id:sprinklersim:20150513145534p:plain

「・・・ちょっと待てよ・・・?」

f:id:sprinklersim:20150513145804p:plain

「・・・あいつの家の間取り・・・どう考えても広さが足りなくないか・・・?」

f:id:sprinklersim:20150511040033p:plain

「・・・この家は・・・7マスないといけないはずなんだ・・・」

f:id:sprinklersim:20150511003553p:plain

「・・・でもここは6マスしかない・・・」

f:id:sprinklersim:20150511003611p:plain

「・・・何故なんだ?・・・何を隠してる・・・?」

 

ーカチャー

 

f:id:sprinklersim:20150511004018p:plain

f:id:sprinklersim:20150511004130p:plain

f:id:sprinklersim:20150511004218p:plain

「・・・まさか地下室があったとはね・・・ここに隠していたんだな。」

f:id:sprinklersim:20150511004155p:plain

「・・・まったく・・・たいした野郎だぜ・・・。」

 

散々っぱら悪党ルークにおちょくられていたサム警部!

しかし警部補の執念の粘りで遂に悪党の秘密を暴く!!!みたいなwww

はい、『警察24時』の見過ぎですね・・・すいません・・・w

ともかく・・・どうしてもサムくんの面目を保ってあげたかっただけなんです。

話を戻して。

 

ーそれから1年後ー

 

f:id:sprinklersim:20150511034923p:plain

「ねぇ兄ちゃん、餌の付け方教えて!」

「おぅ!いいぞ。」

「えーじゃボクも教えて教えてよ!!」

「わかったから、順番にな。」

f:id:sprinklersim:20150511004255p:plain

「よしよし・・・お母さん今日もお仕事なの、いい子で待っててね。」

f:id:sprinklersim:20150511034510p:plain

f:id:sprinklersim:20150511034956p:plain

f:id:sprinklersim:20150511034633p:plain

f:id:sprinklersim:20150511035025p:plain

f:id:sprinklersim:20150511034659p:plain

f:id:sprinklersim:20150511034729p:plain

「じゃエリザさん、お先に失礼します。」

「お疲れ~!また明日ね!」

f:id:sprinklersim:20150511034747p:plain

f:id:sprinklersim:20150511034809p:plain

「・・・疲れたなぁ・・・。・・・あの人・・・」

f:id:sprinklersim:20150511004338p:plain

「・・・あの人・・・元気にしてるのかな・・・。」

f:id:sprinklersim:20150511055402p:plain

f:id:sprinklersim:20150511004627p:plain

「・・・大変だ・・・!」

f:id:sprinklersim:20150511004502p:plain

「大変だ・・・!!大変だ~・・・!!」

f:id:sprinklersim:20150511035412p:plain

「おい、ちょっと落ち着けよ?そんなに早口じゃ何言ってるかわかんねぇだろ?」

「・・・で、で・・・ですから・・・メ・・・メメメ・・・メイさんが・・・」

f:id:sprinklersim:20150511035435p:plain

「・・・メイがどうしたって?」

「・・・ボ、ボボボ・・・ボスの・・・ボスの・・・!む・・・むす・・・」

f:id:sprinklersim:20150511004702p:plain

f:id:sprinklersim:20150511051949p:plain

f:id:sprinklersim:20150511004829p:plain

f:id:sprinklersim:20150511004911p:plain

「・・・兄ちゃん・・・!」

f:id:sprinklersim:20150511005103p:plain

「・・・兄ちゃん・・・!お帰り!」

「・・・悪かったな・・・面倒かけて・・・」

「何言ってんだい!それより、ここまでの道すがら平気だった?」

f:id:sprinklersim:20150511005143p:plain

「・・・え?当たり前だろ?・・・俺はルークだぜ?

・・・さすがに1年も経てば監視も緩んでるみたいだし楽勝だよ・・・ははは。」

「・・・兄ちゃん・・・」

f:id:sprinklersim:20150511005234p:plain

「・・・今日だけは・・・無理しなくていいんだよ・・・」

「・・・む・・・無理なんか・・・」

f:id:sprinklersim:20150511053542p:plain

f:id:sprinklersim:20150511164029p:plain

「・・・無理なんか・・・」

f:id:sprinklersim:20150511164105p:plain

f:id:sprinklersim:20150511005304p:plain

f:id:sprinklersim:20150511055917p:plain

「悪かったな・・・取り乱したりして・・・それで・・・」

f:id:sprinklersim:20150511005350p:plain

「・・・お、俺の・・・」

「・・・あっちの部屋で寝てるんだ。」

f:id:sprinklersim:20150511005651p:plain

f:id:sprinklersim:20150511005727p:plain

「・・・俺の・・・」

f:id:sprinklersim:20150511005751p:plain

「・・・俺の娘・・・なのか・・・」

f:id:sprinklersim:20150511035605p:plain

f:id:sprinklersim:20150511005911p:plain

「・・・メイにそっくりだな・・・」

f:id:sprinklersim:20150511005944p:plain

「・・・メイ・・・」

f:id:sprinklersim:20150511010005p:plain

f:id:sprinklersim:20150511035628p:plain

「・・・ねぇ・・・お父さん・・・」

「何だ?・・・聞かれても、あの星の名前なんか知らないぞ。」

「・・・あのね・・・」

f:id:sprinklersim:20150511035732p:plain

「・・・何だよ?」

「・・・ううん・・・お父さん・・・大好き・・・。」

「・・・俺もだよ。」

f:id:sprinklersim:20150511035754p:plain

「あ!流れ星・・・!」