読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

ルークの物語 最終章

 

ただの思いつきのわりに・・・予想外の展開になってしまいました・・・。

何故こんなややこしい事に・・・あぁ、そうか!これぞシムズの醍醐味でしたね。

もうしばし・・・中の人の妄想にお付き合い下さい。

今回のテーマソングは『The Goo Goo Dolls - Black Balloon』で頑張りました。

 

f:id:sprinklersim:20150509034717p:plain

f:id:sprinklersim:20150509034746p:plain

「ね、アランさんとは上手くいってる?」

「うん!まぁまぁだね。」

「まさかニーナがあの人と結ばれるとはねぇ。」

f:id:sprinklersim:20150509034830p:plain

「ねぇ!サム、びっくだよねぇ。」

「・・・。」

「サムってば、聞いてる?」

f:id:sprinklersim:20150509034926p:plain

「・・・んぁ?ごめん・・・何の話だっけ?」

「また仕事のこと考えてたでしょ?」

「・・ごめん・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509035110p:plain

「たまには息抜きしなきゃ!ね、ルシアノもそう思うでしょ?」

「あぁ、そうだな。兄さん最近、仕事に熱中し過ぎだぜ?」

f:id:sprinklersim:20150509034958p:plain

「あんまりボケっとしてたら浮気しちゃうゾ!」

「おいおい・・・冗談だろ?」

「さぁね!」

f:id:sprinklersim:20150509035042p:plain

・・・何という・・・罪深い女でしょうか・・・。

でも、サムくんはそれどころじゃありません。

f:id:sprinklersim:20150509034902p:plain

f:id:sprinklersim:20150509035141p:plain

「・・・ん・・・ねぇ・・・電話鳴ってるみたい・・・」

「・・・え・・・?・・・ごめんごめん・・・」

f:id:sprinklersim:20150509035159p:plain

「・・・まだ夜明け前じゃないか・・・こんな時間に何だ・・・?」

f:id:sprinklersim:20150509035215p:plain

「・・・は?」

f:id:sprinklersim:20150509035451p:plain

f:id:sprinklersim:20150509035326p:plain

「どうだ?」

「やりましたぜ警部!今回は、ばっちり証拠が残ってます!」

「・・・そうか。」

f:id:sprinklersim:20150509035537p:plain

「またフィッシャーの仕業ですかね?」

「・・・それにしては・・・」

f:id:sprinklersim:20150509035417p:plain

「いつもあれだけ周到に準備する奴の仕事とは思えないな・・・。」

「ですねぇ、まさかランドグラーブ家を狙うとは・・・」

f:id:sprinklersim:20150509035619p:plain

「これだけ厳重な警備をどうやってすり抜たんでしょうなぁ・・・?」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509035653p:plain

f:id:sprinklersim:20150509035732p:plain

f:id:sprinklersim:20150509035905p:plain

「・・・何かがおかしい・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509035807p:plain

f:id:sprinklersim:20150509035952p:plain

f:id:sprinklersim:20150509040153p:plain

「おい!ランゲラク・・・」

f:id:sprinklersim:20150509040116p:plain

「お前に面会だぞ。」

「・・・へぇ・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509041641p:plain

「警部!大変です!!!」

f:id:sprinklersim:20150509041609p:plain

f:id:sprinklersim:20150509041731p:plain

「・・・な、何だって?」

「・・・してやられました・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509041807p:plain

f:id:sprinklersim:20150509041913p:plain

「・・・これは・・・やばいぞ!おい、フィッシャーの家に急ぐんだ!」

「・・・こっちは?」

「いいから早くしろ!!」

f:id:sprinklersim:20150509041834p:plain

「・・・すいません・・・ボス・・・俺・・・蜘蛛だけは苦手なんですぅ・・・。」

「いいから早く着替えるんだ。」

f:id:sprinklersim:20150509042003p:plain

「・・・今度だけは、何があってもトチるなよ!」

「へい!」

f:id:sprinklersim:20150509043006p:plain

f:id:sprinklersim:20150509042040p:plain

f:id:sprinklersim:20150509060124p:plain

f:id:sprinklersim:20150509042301p:plain

「どうだ?」

「・・・それが・・・」

f:id:sprinklersim:20150509062000p:plain

f:id:sprinklersim:20150509043105p:plain

「・・・もぬけの殻だとぉ・・・?」

「・・・はい・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509045922p:plain

「高級品や盗品らしきものは・・・綺麗さっぱり何も残ってません!」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509045953p:plain

「こっちはどうだ?」

「・・・ダメです・・・。」

「・・・クソっ・・・!」

f:id:sprinklersim:20150509043458p:plain

「・・・よし、引き上げだ・・・手の空いてる者は道路封鎖の方に回ってくれ。」

「・・・はい。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509043535p:plain

「・・・メイ・・・」

f:id:sprinklersim:20150509043656p:plain

「・・・メイ・・・!」

f:id:sprinklersim:20150509043736p:plain

「悪いけど、ちょっと起きてくれないか。」

「・・・ん・・・」

f:id:sprinklersim:20150509060236p:plain

「・・・どうしたの急に・・・?」

「・・・ちょっとな・・・」

f:id:sprinklersim:20150509044547p:plain

「・・・ちょっと面倒な事になってな。」

「・・・え?」

「・・・いいかメイ、よく聞くんだ。」

f:id:sprinklersim:20150509043830p:plain

「俺は・・・しばらく町を離れる。」

「・・・え?そんな・・・どこに行くの?」

「お前は知らない方がいい・・・いいか、金は用意してあるから・・・」

f:id:sprinklersim:20150509043855p:plain

「あれだけあれば・・・しばらくは安心だろ?」

「・・・何よそれ!?」

「いいか、警察が来ても何も知らない振りをすればお前は大丈夫だから・・・」

f:id:sprinklersim:20150509043924p:plain

「・・・一体・・・何なのよ・・・!?」

「詳しくは言えないけど、とにかくちょっとヤバいんだ。」

「・・・そんなの・・・あなたらしくない・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509044050p:plain

「・・・そうだな・・・。」

「・・・どれ位で帰って来る・・・?」

「・・・さぁ・・・でも心配すんなよ、必ず戻って来るから。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509044143p:plain

「・・・わたしね・・・」

「・・・何だ?」

「・・・ううん・・・気を付けてね・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509044206p:plain

「・・・待ってるから・・・。」

「悪いな・・・面倒かけて・・・じゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20150509044225p:plain

「・・・またな。」

「・・・うん・・・元気でね・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509044248p:plain

f:id:sprinklersim:20150509044308p:plain

f:id:sprinklersim:20150509044327p:plain

「・・・ルークのバカ・・・。」

f:id:sprinklersim:20150509044354p:plain

ほんとにルークってバカだけど・・・ちょっとカッコいいやんかぁ・・・!!

まぁ親バカもそこそこに・・・w

長くなってしまったので次回に続きます。