読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

リンダの物語 第一話

 

一人で勝手に 盛り上がりついでに、こんな事もやっちゃお!

今日は、何か知らない間に始まってしまっていたリンダの物語のプロローグ編です。

気楽に遊んでみたのでちょっと滅茶苦茶ですが、リンダの物語の始まりは・・・

f:id:sprinklersim:20150311012717p:plain

きっとこんな感じだったはず・・・。

今日のテーマソングは『 Wri Gaddison - Again and Again 』です。

f:id:sprinklersim:20150311012810p:plain

f:id:sprinklersim:20150311012749p:plain

f:id:sprinklersim:20150311012851p:plain

f:id:sprinklersim:20150311023931p:plain

f:id:sprinklersim:20150311012915p:plain

「うっわー・・・どうしよ・・・全然覚えてなかった・・・。」

f:id:sprinklersim:20150311025408p:plain

f:id:sprinklersim:20150311012939p:plain

「まぁ・・・何とかなるでしょ!」

f:id:sprinklersim:20150311013005p:plain

f:id:sprinklersim:20150311013029p:plain

f:id:sprinklersim:20150311013051p:plain

「あのー・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013109p:plain

「・・・すいません、ここの住人の方ですか?」

「・・・え?お、俺?はいはいはい!そうですが・・・?」

「実は・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013204p:plain

「ストリームレットって所に行きたいんですけど、方向こっちで合ってますか?」

「あぁ・・・そうだな・・・どう言えばいいだろう・・・。」

「ほんの小さい頃、ここに住んでいたから何となくはわかるんだけど・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013130p:plain

「そうだなぁ・・・あそこはちょっと奥まった所にあるからなー・・・。」

「そうですか・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013228p:plain

「じゃ、他当たってみます!どうもありがとう。」

「・・・うーん・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013248p:plain

「・・・。」

「・・・はい?」

「あのー・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013355p:plain

「よかったら案内しますよ・・・?」

「えーっ!ほんとに?」

「・・・えぇ・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013325p:plain

「どうせ暇なんで・・・。」

「じゃ、お願いしちゃおっかな、助かります!」

「えぇ・・・もちろん・・・喜んで。」

「ふふふっ・・・ところで、わたし、リンダっていいます!」

f:id:sprinklersim:20150311014544p:plain

「俺は、ルイス・・・です。」

「よろしくね、ルイスさん!」

f:id:sprinklersim:20150311013428p:plain

f:id:sprinklersim:20150311013509p:plain

「あぁ、そっか、さっきの曲がり角ちゃんと覚えとかなきゃ。」

「ちょっとややこしい所にあるからなー、迷ったら踏み切りの音を目指せばいいと思うよ。」

f:id:sprinklersim:20150311013547p:plain

「そっか!さっすがルイスさん、頼りになるのね!」

「・・・え?それほどでも・・・。」

「じゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013609p:plain

「本当にどうもありがとう。すごく助かりました。」

「・・・いえ・・・別に・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013624p:plain

「あーっ・・・!ちょっと・・・何これ!」

f:id:sprinklersim:20150311013640p:plain

「どうかしましたか・・・?」

「引越し屋さんが中途半端仕事して帰っちゃったみたい・・・参ったなぁ・・・。」

「・・・あの・・・」

f:id:sprinklersim:20150311013659p:plain

「もしよかったら運びましょうか?」

「・・・え?だって・・・そんなの悪い・・・。」

「たいした荷物の量じゃないし、大変でしょう?」

f:id:sprinklersim:20150311013733p:plain

「・・・じゃ、お願いしてもいいですか・・・?」

「これくらい、お安い御用です。」

f:id:sprinklersim:20150311013845p:plain

「わぁーすごい!さすが男の人ですね、すっかり片付いちゃった!」

「別にたいした事ないですよ。」

「お礼なんてできないんだけど・・・」

f:id:sprinklersim:20150311014110p:plain

「いやいや・・・お礼なんて・・・。」

「よかったら、お茶くらい飲んで行って下さい。」

「い・・・いいんですか?」

f:id:sprinklersim:20150311014133p:plain

「もちろん!」

「じゃ・・・ちょっとだけ・・・?」

f:id:sprinklersim:20150311054101p:plain

f:id:sprinklersim:20150311014247p:plain

「本当にどうもありがとう、よかったらクッキーも食べてくださいね。」

「あ・・・はーい・・・頂きます。」

f:id:sprinklersim:20150311014323p:plain

「・・・。」

「たまたま声を掛けた人がルイスさんで良かった~っ!」

「・・・え?」

f:id:sprinklersim:20150311014401p:plain

ルイスが恋に落ちる五秒前ですwww

f:id:sprinklersim:20150311014417p:plain

f:id:sprinklersim:20150311025757p:plain

f:id:sprinklersim:20150311015133p:plain

f:id:sprinklersim:20150311025615p:plain

「い~のヴぁ~しぃ~たぁ~ごぉ~れぇ~♪っと!!」

f:id:sprinklersim:20150311025656p:plain

「あれ・・・?」

f:id:sprinklersim:20150311014648p:plain

f:id:sprinklersim:20150311014711p:plain

「こんにちは!ここに越して来たって人?」

「ん?」

f:id:sprinklersim:20150311014739p:plain

「ヤッタ!大当たりだ!」

「え?」

「ううん、何でもないけど・・・お姉さんって彼氏居る?」

f:id:sprinklersim:20150311014805p:plain

f:id:sprinklersim:20150311014840p:plain

「おと~さ~ん!!」

f:id:sprinklersim:20150311014904p:plain

「おと~さんってば!大変だよ!」

「ん?」

「あのね、すっごいんだよ!大当たりなの!!」

f:id:sprinklersim:20150311014949p:plain

「ん?何の話だ?」

「もうっ!ニブいんだから!隣のお姉さんだよ!」

「隣のお姉さん・・・?」

「だからお姉さんだって!独身だって!しかも美人なのっ!」

f:id:sprinklersim:20150311015105p:plain

「・・・エマ。」

「ね、早く挨拶に行かなきゃ!」

「・・・そうだな、じゃ・・・また今度にしよう。」

f:id:sprinklersim:20150311015047p:plain

「どうして?早い方がいいと思う!」

「・・・ほら、越して来たばっかりで色々忙しいだろうしな・・・。」

「そっか、でも絶対だよ?」

「・・・わかったよ。」

f:id:sprinklersim:20150311015025p:plain

f:id:sprinklersim:20150311025917p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030008p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030026p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030042p:plain

f:id:sprinklersim:20150311045657p:plain

f:id:sprinklersim:20150311045737p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030235p:plain

「あれ、これってローマ神殿の建築学的研究じゃない・・・?」

「ん?」

f:id:sprinklersim:20150311030252p:plain

「あぁ・・・そうですよ。」

「あら・・・独り言のつもりだったんだけど・・・お詳しいんですね。」

f:id:sprinklersim:20150311030318p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030425p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030451p:plain

f:id:sprinklersim:20150311030524p:plain

「うーん!いい匂い!」

f:id:sprinklersim:20150311030553p:plain

「でも、ちょっと作り過ぎちゃったな・・・。」

f:id:sprinklersim:20150311030618p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031030p:plain

「おい、エマ・・・何をそんなに拗ねてるんだ?」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150311031046p:plain

「学校で何かあったのか?」

「・・・いつ挨拶に行くの?」

「・・・ん?」

f:id:sprinklersim:20150311045344p:plain

「そんなんじゃ・・・また・・・誰かに先越されちゃう・・・。

「ん?何だ?何か言ったか?」

「もういい!」

f:id:sprinklersim:20150311031134p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031213p:plain

f:id:sprinklersim:20150311045500p:plain

「ん?何か騒がしいな・・・。」

f:id:sprinklersim:20150311045437p:plain

「えーっ!お姉さんの手作りクッキー?ヤッターっ!!」

「そんなに喜んでもらえると、何だかこっちまで嬉しくなっちゃう。」

「・・・あ、どうも。」

f:id:sprinklersim:20150311045531p:plain

「こんにちは、突然すいません。」

「クッキーのおすそ分けだって!」

「へぇ・・・それは嬉しいな・・・隣に越して来たって人ですか?」

f:id:sprinklersim:20150311062816p:plain

「えぇ、そうなんです。」

「・・・そうですか・・・ははは・・・。」

「ねぇ、お父さん!こんな玄関先で立ち話もアレだし・・・」

f:id:sprinklersim:20150311062749p:plain

「さ、お茶でも淹れますから中へどうぞどうぞ!」

「・・・そ、そうだな。」

f:id:sprinklersim:20150311031408p:plain

f:id:sprinklersim:20150311050044p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031433p:plain

「そうだ・・・!」

f:id:sprinklersim:20150311031451p:plain

「せっかくこんなに美味しそうだから、サヤカにも分けてあげて来よ~っと!」

f:id:sprinklersim:20150311045846p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031513p:plain

策士エマの本領発揮といったところでしょうか・・・w

f:id:sprinklersim:20150311050017p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031813p:plain

f:id:sprinklersim:20150311050123p:plain

f:id:sprinklersim:20150311050913p:plain

f:id:sprinklersim:20150311031729p:plain

f:id:sprinklersim:20150311050223p:plain

f:id:sprinklersim:20150311045932p:plain

こんな風にして・・・

f:id:sprinklersim:20150311031534p:plain

うちのウィロークリーク三銃士が無事?結成された訳でした。

f:id:sprinklersim:20150311031605p:plain

f:id:sprinklersim:20150311032547p:plain

ちょっと遊んでみたけど、リンダの小悪魔っぷりは中々あざとくて・・・

これはこれでアリだ思いますw

f:id:sprinklersim:20150311032604p:plain

まぁともかく・・・

f:id:sprinklersim:20150311032624p:plain

リンダの物語の始まりは、きっとこんな感じ。