読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

ティーンたちの青春

 

うちのヴァン・グールドくんことヴァンくんが、

f:id:sprinklersim:20150221010822p:plain

ようやくビジネスキャリアのレベル3『マネージャーアシスタント』に昇進しました!

いかにもくたびれたサラリーマン風の制服が結構イイ感じ。

そんなヴァンくんに・・・

f:id:sprinklersim:20150221010854p:plain

突然やって来た感電死チャ~ンス!!

さぁ、モノにして下さい!

そろそろマジで幽霊シムとも遊んでみたいんだから!!

f:id:sprinklersim:20150221011015p:plain

一応『器用さ』スキルがヒヨっこなので、ちょっとはビリッ!と来て『ぼんやり』ムードにはなったの!

だから必死にPCやスレテオのオンオフを繰り返して故障を誘発してみたんけど・・・結果的には無事修理完了でお終いでした・・・。

f:id:sprinklersim:20150221011029p:plain

そんなうちのマルコムくんもスポーツキャリアのレベル4『ダンスチームキャプテン』に昇進して・・・無事ラマルコム卒業・・・。

う~ん・・・つまんな~い!!

f:id:sprinklersim:20150221011142p:plain

もうこんな時は・・・

f:id:sprinklersim:20150221011200p:plain

サクッと現実逃避できる休暇用のマップがあるって素晴らしいです!

そろそろ話も進めたいところですしね。

f:id:sprinklersim:20150221011309p:plain

そんな訳で、今回も使い古しの自作キャンプ場で休暇です。

今回は区画の場所を変えてみたので、景色にも変化があってこれはこれで新鮮かな。

f:id:sprinklersim:20150221025133p:plain

できればもうちょっと川寄りの場所でキャンプしたかったけど、

システム的に区画のサイズ変えられないのはちょっと難点かも。

f:id:sprinklersim:20150221011436p:plain

まぁ細かい事は置いておいて。

やっぱり外でアレコレしてくれるってのは、いつもと同じアクションでもちょっと新鮮味があっていいなー。

f:id:sprinklersim:20150221013028p:plain

と、そんな事を言っていたら・・・

f:id:sprinklersim:20150221012655p:plain

ハイ!火事来ましたー!!

この区画の焚き火の配置では初出火なのでビックリ!!

f:id:sprinklersim:20150221012716p:plain

とは言え、これも予想外の焼死チャンスだけど・・・

やっぱこれだけは頂けない・・・とか思ってたら、まさかのマルコムが大活躍!!

サヤカちゃんも火が燃え移る前に避難できたし、一安心。

f:id:sprinklersim:20150221012734p:plain

バイパーちゃんも自主的に消火始めてくれて、無事に消火完了!

f:id:sprinklersim:20150221012805p:plain

そりゃ自信満々なムードにもなっちゃうよねw

そういや、もうこの際自主的に消火するシムだけでもいいから・・・

いきなり消防士ルックに変身するとかでもいいから・・・消防士さんに会いたい!

f:id:sprinklersim:20150221012828p:plain

そしてこれが今回のチキンメンバーズの図ですw

まぁ何はともあれ・・・

f:id:sprinklersim:20150221013458p:plain

ホント無事に消火できてヨカッタヨカッタ。

さて。

f:id:sprinklersim:20150221012954p:plain

話はずいぶん変わりますが、今回の休暇でいきなり絵心に目覚めたヴァンくん。

空を眺めるアクションの『ひらめき』ムードが関係してるんだと思うんだけど・・・

f:id:sprinklersim:20150221013211p:plain

まぁ描くわ描くわ、描き散らかしってくらい次々に描きまくってくれました。

しかも、どれもビミョーにかわいい。

f:id:sprinklersim:20150221013137p:plain

これとか、あの有名なブログさんのあの絵だー!!

初めてこの絵にお目にかかれたのでめっちゃ嬉しい~っ!

f:id:sprinklersim:20150221013241p:plain

この絵も何気に『谷間のノーム』的な感じでかわいいし!

これはヴァンくん、意外な才能発揮です。

そんな訳で。

f:id:sprinklersim:20150221033136p:plain

f:id:sprinklersim:20150221011723p:plain

f:id:sprinklersim:20150221033154p:plain

f:id:sprinklersim:20150221021055p:plain

f:id:sprinklersim:20150221012508p:plain

f:id:sprinklersim:20150221033212p:plain

まぁ何だかんだ楽しそうだねwww

さて・・・

f:id:sprinklersim:20150221025402p:plain

すっかり夜も更けて・・・

f:id:sprinklersim:20150221025336p:plain

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150221025236p:plain

f:id:sprinklersim:20150221025301p:plain

「エ~マ見っけ!」

「・・・え・・・?」

f:id:sprinklersim:20150221011841p:plain

「こんな時間に1人で考え事?」

「・・・別に・・・。」

f:id:sprinklersim:20150221011919p:plain

「・・・何でもないけど・・・。」

「ふ~ん・・・そっか・・・?」

「・・・アンタこそ・・・」

f:id:sprinklersim:20150221011936p:plain

「・・・こんな時間にどうしたの?」

「ちょっと眠れなくって。」

f:id:sprinklersim:20150221011954p:plain

「ね、こんな時はやっぱアレじゃない?」

f:id:sprinklersim:20150221030210p:plain

「ね、子供の頃、一緒にここ来たの覚えてる?」

f:id:sprinklersim:20150221012041p:plain

「・・・あぁ、そんなこともあったけ・・・。」

「もう、エマったら冷たいな~。」

「・・・。」

「・・・あのね・・・これって内緒にしてて欲しいんだけど・・・」

f:id:sprinklersim:20150221012222p:plain

「うちの親・・・離婚する事になったんだ。」

「・・・え・・・?何それいきなり・・・。」

「・・・昔から仲悪かったし、わかってたことなんだけどさ・・・」

f:id:sprinklersim:20150221031047p:plain

「・・・実際そうなると・・・結構キツイもんなんだね・・・。」

「・・・うん・・・そうだよね。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20150221012157p:plain

「・・・ごめんね。」

「・・・何でエマが謝るの?」

「・・・わかんないけど・・・。」

f:id:sprinklersim:20150221012321p:plain

「・・・ふふっ・・・変なエマ・・・。」