読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スプリンクラーが好きすぎて

Simsの写真などをのんびり気ままに貼っていくブログです。

一つの始まりと終わり

 

どうしてルイスごときに・・・こんなことになってしまったのか・・・。

f:id:sprinklersim:20141006141512p:plain

今回も中の人の妄想が爆発してしまい、非常に恥ずかしい展開になっています。

くれぐれも・・・さぶイボ注意で読み進んで下さい・・。

f:id:sprinklersim:20141006141534p:plain

f:id:sprinklersim:20141006141745p:plain

今回のテーマソングも引き続き『Hunter Hayes - Wanted』と

そして『Lady Antebellum - Just A Kiss』 で頑張りました。

 

 

f:id:sprinklersim:20141005222636p:plain

f:id:sprinklersim:20141005222700p:plain

f:id:sprinklersim:20141005222722p:plain

f:id:sprinklersim:20141005222947p:plain

f:id:sprinklersim:20141005222916p:plain

「・・・ごめんね・・・新婚さんなのに・・・邪魔だよね・・・。」

「そんなこと気にしなくていいから!」

「・・・だって・・・」

f:id:sprinklersim:20141005222849p:plain

f:id:sprinklersim:20141005223015p:plain

「・・・ほんとにごめん・・・。」

「大丈夫だから・・・」

f:id:sprinklersim:20141005223112p:plain

「・・・大丈夫だよ。」

f:id:sprinklersim:20141005223231p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141005223353p:plain

「・・・こんなんじゃ・・・。」

f:id:sprinklersim:20141005223328p:plain

「なるほどねぇ・・・それは散々な目に遭っちゃったね・・・。」

「・・・もう・・・ほんとに最低な夜だった・・・思い出したくもない・・・。」

「・・・そうだねぇ・・・。」

f:id:sprinklersim:20141005224146p:plain

f:id:sprinklersim:20141005223557p:plain

「・・・でもね、ルイスさんだっけ・・・?」

「・・・なに?」

「・・・あの人も気の毒な人なんだよ?」

f:id:sprinklersim:20141005224418p:plain

・・・入りませんよ・・・。

f:id:sprinklersim:20141006025203p:plain

「あの人・・・ずっと・・・」

「あの女が好きなんでしょ!」

f:id:sprinklersim:20141006065227p:plain

「・・・そうだけど・・・リンダさんと一番付き合いが長いのは彼らしいよ・・・?」

「・・・だから?」

f:id:sprinklersim:20141006025849p:plain

「・・・だからって言われちゃうと困るけど・・・。

・・・せっかくいい関係になってたのに・・・ルークさんが現れて・・・」

f:id:sprinklersim:20141006065512p:plain

「それがあっけなく終わって、ようやくチャンスと思ったらスコットでしょ・・・?」

「そんなこともあったっけ・・・。」

「・・・それも終わって、またチャンスと思ったら今度はタイラーさん・・・」

f:id:sprinklersim:20141006025621p:plain

「・・・で、それも終わったのに、またルークさんだもんね・・・。」

「・・・どんだけ!その半分でもいいから私に寄こして欲しいわよ!」

f:id:sprinklersim:20141006065648p:plain

「・・・でも・・・その間ずっと好きだったってことでしょ・・・?」

「・・・だから何よ!あんな女に引っ掛かったまんまなんてバカみたい!」

f:id:sprinklersim:20141006025705p:plain

「・・・そうだけど、リンダさんて結構気さくな人だよ?」

「でも!ただの雌犬じゃんか!」

f:id:sprinklersim:20141006065826p:plain

「まぁね・・・でも・・・あの人は根っからの小悪魔なんだと思う。」

f:id:sprinklersim:20141005232427p:plain

「・・きっと悪気も自覚もないんだよ・・・。」

「・・・そんなのズルイ!・・・」

「まぁね・・・でもそれが許されるくらい綺麗なのがね・・・。」

f:id:sprinklersim:20141005232345p:plain

「・・・じゃ、わたしも整形して綺麗になってやるんだから!」

「・・・リー・・・話が飛躍し過ぎだよ・・・!」

「CAS画面にさえ入れば簡単なんだから!ね、中の人!」

f:id:sprinklersim:20141005232957p:plain

だから・・・入らないって・・・。

理由はサマーちゃんから・・・聞かせてもらって!

f:id:sprinklersim:20141005232633p:plain

 「こんなんじゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20141005233247p:plain

「・・・そもそも勝てる訳がなかったんじゃない・・・。」

「リー・・・あのね・・・」

f:id:sprinklersim:20141005233436p:plain

そうだよ!

ありの~ままで~・・・そのままで十分可愛い。

f:id:sprinklersim:20141005233609p:plain

 

一方その頃・・・

f:id:sprinklersim:20141005233902p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234013p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234041p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234152p:plain

「・・・いっつも人だらけだなぁ。」

「賑やかでいいじゃない。」

「・・・そうだけど・・・」

f:id:sprinklersim:20141005234241p:plain

「良かったら、今日・・・仕事終わってから外で遊ばないか?」

「それって、デートのお誘いのつもり?」

「・・・だったらどうだよ!」

「ふふふ・・・いいよ!」

f:id:sprinklersim:20141006021824p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234345p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234416p:plain

「・・・ごめん、待たせ・・・」

f:id:sprinklersim:20141005234443p:plain

f:id:sprinklersim:20141006021926p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141005234551p:plain

「なんか・・・いつもと雰囲気違うな・・・?」

「一応これでもお嬢様ですから。」

「・・・そうだけど・・・。」

f:id:sprinklersim:20141005234621p:plain

「なんで今それ飲むの?」

「・・・え?ちょっと緊張してんだよ!」

「また誓約嫌いの緊張・・・?」

「・・・違うよ!」

 

f:id:sprinklersim:20141005234650p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234938p:plain

その上・・・居てはいけないシムまで居ます・・・。

これは仕方ありません・・・計画変更で。

f:id:sprinklersim:20141005234734p:plain

f:id:sprinklersim:20141005234801p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141005235012p:plain

「せっかくなのに、どうしてこんな所に来るんだろw」

「・・・中も人でいっぱいなんだよ。」

f:id:sprinklersim:20141005235032p:plain

「だから?別にいいじゃない。」

「・・・ちょうど腹も減ってたしな!」

f:id:sprinklersim:20141005235053p:plain

「なに?」

「・・・別に。」

f:id:sprinklersim:20141005235113p:plain

「またそんなブスっとした顔して!どうせ何か文句言いたいんでしょ!」

「・・・違うよ!うるせー女だな!」

f:id:sprinklersim:20141005235133p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141005235156p:plain

f:id:sprinklersim:20141005235220p:plain

「なんで・・・さっきから人の顔ばっかりジロジロ見てるの?」

「・・・別に。」

「・・・もうっ!さっきからそればっかり!」

f:id:sprinklersim:20141005235247p:plain

「・・・もう・・・」

f:id:sprinklersim:20141005235314p:plain

「・・・ほんとに・・・いつものジェイらしくないよ・・・?」

「・・・それは・・・」

f:id:sprinklersim:20141005235403p:plain

「・・・俺さ・・・」

「・・・ん?」

「・・・もしかしたら・・・お前のことが・・・」

 

 

はい、とてもいいところなのですが・・・

 

f:id:sprinklersim:20141005235536p:plain

ここで予想外のアクシデントです・・・。

お、お母さ~ん・・・!

f:id:sprinklersim:20141005235702p:plain

いよいよファーストキス!って時に・・・

ものすごいタイミングで割り込んできた、べラお母さん・・・。

f:id:sprinklersim:20141005235937p:plain

こんなことってあるでしょうかw

f:id:sprinklersim:20141006000012p:plain

まぁ、こんな展開もアリかなw

f:id:sprinklersim:20141006000132p:plain

そんなべラお母さんですが・・・

f:id:sprinklersim:20141006000226p:plain

シムにしては・・・w

空気を読んで、すぐに立ち去ってくれました。

f:id:sprinklersim:20141006000417p:plain

・・・はい!もう悪いようには致しませんのでご安心下さい。

 

f:id:sprinklersim:20141006022152p:plain

「・・・お母さんそっくりなんだな。」

「ふふふ・・・よく言われるけど、お母さんの方がセクシーでしょ?」

「・・・それは・・・」

f:id:sprinklersim:20141006022222p:plain

「・・・ないな。」

「そっか。」

 

今までのカップルの中では一番手間が掛かった二人にも、

ようやくピンクゲージが発動できそうです。ヨカッタヨカッタ。

 

・・・さて・・・

では・・・ここからは・・・

 

f:id:sprinklersim:20141006001745p:plain

 

いよいよ・・・さぶイボタイムです・・・引き返すなら今のうちですからね!

ここまでの展開以上にこっ恥ずかしいですからね・・・。

 

あの昨日から一夜明けて、土曜日の公園で・・・って設定でお願いします。

 

それでは・・・用意・・・

 

f:id:sprinklersim:20141006001810p:plain

 

・・・アクション・・・!

 

f:id:sprinklersim:20141006002006p:plain

f:id:sprinklersim:20141006002144p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141006022443p:plain

「愛しい妻を置いていくのは心苦しいんだけど・・・ちょっと釣りに行って来てもいいですか?」

「・・・もうっ・・・ルークったら・・・」

f:id:sprinklersim:20141006054753p:plain

f:id:sprinklersim:20141006055152p:plain

f:id:sprinklersim:20141006035351p:plain

「・・・いいに決まってるじゃない。」

「やった!」

「調子いいんだから。」

f:id:sprinklersim:20141006022639p:plain

「じゃ、また後でな。」

「お昼ご飯のお魚、よろしくね。」

「任せとけ!エマ、久しぶりに一緒に釣るか?」

f:id:sprinklersim:20141006002934p:plain

f:id:sprinklersim:20141006055824p:plain

 

f:id:sprinklersim:20141006003003p:plain

「・・・あれ・・・?」

f:id:sprinklersim:20141006003033p:plain

f:id:sprinklersim:20141006003102p:plain

「ルイスでしょ!」

「・・・え?」

f:id:sprinklersim:20141006023009p:plain

「もう・・・どうして逃げるの?」

「逃げてなんかないよ・・・。」

「・・・あのね・・・」

f:id:sprinklersim:20141006023204p:plain

「・・・ちょっと話してもいい?」

「・・・もちろん。」

f:id:sprinklersim:20141006003235p:plain

「・・・で、話ってなんだ?」

「・・・あのね・・・」

f:id:sprinklersim:20141006042128p:plain

「・・・ルイスって・・・」

f:id:sprinklersim:20141006003302p:plain

「・・・わたしのこと・・・好き?」

f:id:sprinklersim:20141006023245p:plain

「・・・何だ・・・?いきなり・・・。」

「・・・わたしのこと好きかって聞いてるの。」

「・・・それは・・・知ってるだろ・・・?」

f:id:sprinklersim:20141006023309p:plain

「じゃ、もう諦めて。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006003326p:plain

「お願いだから、もうわたしのことは忘れて欲しいの。」

「・・・それは・・・」

f:id:sprinklersim:20141006003423p:plain

「・・・そんなの・・・無理だから困ってるんだよ。」

「・・・そっか・・・じゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20141006035245p:plain

「わたしのこと・・・好きなままでいいから・・・」

f:id:sprinklersim:20141006003450p:plain

「・・・他に誰か好きな人作って!」

「・・・さっきから無理なことばっかり言い過ぎだろ・・・。」

「・・・ううん・・・」

f:id:sprinklersim:20141006035442p:plain

「今すぐには無理でも・・・きっと・・・」

f:id:sprinklersim:20141006045126p:plain

「きっと・・・いつかは・・・忘れられるから・・・。」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006023409p:plain

「・・・でしょ?」

「・・・そうやって簡単に言うけど・・・」

「・・・簡単じゃないのはわかってる・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006151652p:plain

「・・・わかってる・・・でも・・・」

「・・・そんなの・・・いつまで掛かるかわからないよ。」

「・・・それでも・・・諦めて前に進んで欲しいの!」

f:id:sprinklersim:20141006023649p:plain

「・・・。」

「ルイスの気持ちは嬉しいけど・・・わたしにとってはお兄ちゃんみたいな存在なんだ。」

f:id:sprinklersim:20141006023437p:plain

「・・・だから、これからも友達で居て欲しいの。」

「・・・わがままにも程があるだろ。」

f:id:sprinklersim:20141006041819p:plain

「そうだよ!だってわたしリンダだもん!」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006073622p:plain

「・・・ここ・・・笑うところだよ?」

「・・・わかったよ・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006041855p:plain

「リンダがそう言うなら・・・努力する。でも・・・」

「・・・でも・・・?」

「・・・最後に一つだけ・・・」

f:id:sprinklersim:20141006023523p:plain

「・・・夢を叶えさせてくれよな・・・!」

「・・・ちょっと!」

f:id:sprinklersim:20141006133458p:plain

「・・・ごめん・・・ずっと・・・」

f:id:sprinklersim:20141006023552p:plain

「・・・ずっと好きだった・・・。」

「・・・ルイス・・・!」

f:id:sprinklersim:20141006043210p:plain

「・・・すっごい早技・・・びっくりするじゃない・・・!」

「・・・ほんとに・・・ごめん。」

「・・・もうっ・・・」

f:id:sprinklersim:20141006043350p:plain

「・・・ほんとにびっくりしたんだから!」

「・・・ごめんな・・・でも・・・ちょっとはすっきりしたよ。」

f:id:sprinklersim:20141006044541p:plain

「・・・もう終わったことだし、気にしないようにする・・・でも次はナシだよ!」

「・・・。」

f:id:sprinklersim:20141006043238p:plain

「・・・あのカウボーイと幸せにな。」

「・・・うん・・・ルイスもね・・・!」

「・・・じゃ・・・」

f:id:sprinklersim:20141006023743p:plain

「・・・またな。」

「・・・うん・・・」

f:id:sprinklersim:20141006023836p:plain

「・・・さようなら。」

f:id:sprinklersim:20141006023915p:plain

f:id:sprinklersim:20141006023947p:plain

f:id:sprinklersim:20141006024051p:plain

f:id:sprinklersim:20141006024117p:plain

「大きなお魚釣れてるかな?」

「もっちろん!」

f:id:sprinklersim:20141006024141p:plain

「だってお父さんは、ルークだよ?」

「だよね!・・・ぼくもうお腹空いちゃった!」

「じゃ、お父さんの居るところまで競走ね!」